What Can Art DO?

−個人とアートと社会の講座−

ケアや福祉の分野でも注目が高まってきているアート。本講座では、「よりよく生きる」ためのアートについて、これまでアートの文脈で取り上げられなかったものも視座にいれながら、アートの役割をより広い視点で読み解きます。

E. アートの有用性

現代社会においてアートに何ができるのか、また、生きることとアートの関係性について考えたい方へ。批評的な視座を身につけます。

開講:4〜6月隔週木曜19:00-21:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー数:6回/定員:25名
講師・ファシリテーター:杉田敦(美術批評 / art & river bankディレクター / 女子美術大学教授)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)、ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクタ—)
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥29,640(税別)受付終了  

F. フクシとアートのラボ

福祉とアートをつなぐ新しいアート・エデュケーションに関心のある方へ。レクチャーやてつがくカフェなどを通して、多様な協働の可能性を考えます。

開講:4〜8月木曜19:00-21:00、土曜13:00-15:00もしくは13:00-16:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー+ワークショップ数:8回/定員:25名
講師・ファシリテーター:想田和弘(映画作家)、向谷地宣明(MCMedian代表取締役 / NPO法人BASE代表理事)、山森裕毅(大阪大学COデザイン・センター特任講師)、今井朋(アーツ前橋学芸員)、嶋田美子(美術家)、堀内奈穂子(AITキュレーター / dear Meディレクター)ほか
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥37,050(税別)  

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 4月20日(土) 14:00-18:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:和佐野有紀(PROJECT501ディレクター / 耳鼻咽喉科医)
訪問先:PROJECT501、アクセンチュア株式会社、アーティスト・スタジオ
定員:12名 *最小催行人数:7名
料金:¥7,500(税別)*コース生 ¥2,000引

本ツアーでは、普段はなかなかアクセスできない企業に展示されている作品やアーティストの作品が生まれるスタジオなどを巡り、じっくり時間をかけて様々な角度からアート作品を鑑賞します。

What Can Art DO?

自己をトリップする

瞑想、身体、アート

 7月11日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター) 他

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

アートの歴史の中では、どのように「自己」が捉えられてきたのでしょうか。アートと「変性意識」や「スピリチュアル」などの関係性を紐解きながら、思考の変容や新たなアートの体験を促します。...

What Can Art DO?

アルテ・ウティル

アートの有用性とその可能性、工芸、生き…

 6月6日(木) 19:00-21:00 

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

モダンアートの歴史は、分断の歴史でもあります。特に、アートを生活や生きることから切り離すことが、19世紀の終わり頃から起きてきたともいえるでしょう。もともと生活と近い関係にあったは...