What is Art TODAY?

−現代アート入門講座−

現代アートの見方から、アート業界の仕組み、そして未来のアートについてまで。アートを取り巻く様々な要素を紐解きながら、アートについての包括的な理解を深めます。

A. 現代アートを知る6つの扉

現代アートに初めて触れる人から、もっと深い知識を身につけたい人へ。過去100年のアートの歴史や動向を横断的に学び、現代アートまでの道筋をつかみます。

開講:4〜6月隔週水曜19:00-21:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー数:6回/定員:25名
講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクタ—)
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥29,640(税別)受付終了  

B. マガジン・リダックス

2002年に開講した人気のマガジンコースがリニューアル復活!今話題のアート・ニュースを知り、仲間と一緒に議論したい方へ。最新の記事から世界のアートの動向を探ります。

開講:4〜7月金曜19:00-21:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー数:6回/定員:25名
講師:AITスタッフほか
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥29,640(税別)受付終了  

C. ニュー・インダストリー

グローバルにみたアート界のプレイヤーとその力学、そして新しい変化を学びたい方へ。アートを動かす仕組みと社会との結び目を深堀りします。

開講:4〜6月第二火曜19:00-21:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー数:3回/定員:25名
講師:塩見有子(AITディレクター)
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥18,525(税別)SOLD OUT!  

D. 新しい価値をつくるキュレーションの実践

展覧会を作るだけではない、その先の思考や表現について考えたい方へ。キュレーションの源泉と革新に迫ります。

開講:5〜7月金曜19:00-21:00/場所:代官山AITルーム/レクチャー数:3回/定員:25名
講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクタ—)
備考:コースは、指定のレクチャーに加え、他コースの任意の講座を2回選択できます(MEETING & SHARING、Art & Culture TRIPS、MAD MINIを除く)

コース受講料:¥18,525(税別)SOLD OUT!  

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 7月19日(金)-21日(日) 

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:向谷地宣明(MCMedian代表取締役 / NPO法人BASE代表理事)、浦河べてるの家関係者ほか
訪問先:「第27回べてるまつり in 浦河」(浦河町総合文化会館)ほか
定員:20名 *最小催行人数:14名
※ 早期「お問合せ」割引 / MAD生割引あり

北海道浦河町にある、統合失調症やうつなどの精神疾患を経験した当事者を中心とするコミュニティ「浦河べてるの家」が1年に一度開催するユニークなお祭り「べてるまつり」を訪問します。

What is Art TODAY?

展覧会を面白くするスパイス

作品やコンセプトだけではない、展覧会を…

 6月7日(金) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

展覧会はどうやって作られているのでしょうか?キュレーターは特定の場所や時間の中で無数の要素を組み合わせ、展覧会を構成しています。アーティストの背景や作品から読み取れる意味、歴史的な...

What is Art TODAY?

イメージの爆発

1960年代のニューメディア、サイケデリッ…

 5月8日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...