在日コリアンをはじめ、様々なルーツを持つ人たちが暮らす川崎では、いち早く外国人市民施策を推進し、多文化共生社会の実現に取り組んできました。本ツアーでは、京浜工業地帯にあるコリアンタウン「おおひん地区」をメインに、『ルポ川崎』の筆者である磯部涼氏と、「川崎市ふれあい館」元館長の三浦知人氏とともに、ハルモニとハラボヂ(おばあちゃんとおじいちゃん)が逞しく生き抜いた在日の歴史を紐解きながら、日本が向かう「多文化共生社会」について再考します。
 
※ ミニレクチャー「「川崎」から考えるヒップホップと多文化の街(仮)」は、同日の7月13日(土)11:00-12:30(ふれあい館・桜本こども文化センター)に開催予定です
※ ツアーをお申し込みの場合、ミニレクチャー受講料(¥1,500)無料

ナビゲーター

磯部涼(音楽ライター)

1978年千葉県生まれ。1990年代後半から執筆活動を開始し、主にマイナー音楽や、それらと社会とのかかわりについて書いている。単著に『ルポ 川崎』(サイゾー、2017年)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト、2011年)、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版、2004年)、共著に『遊びつかれた朝に 10年インディ・ミュージックをめぐる対話』(Pヴァイン、2014年)、編著に風営法とクラブの問題についての論考集『踊ってはいけない国で、踊り続けるために―風営法問題と社会の変え方』(河出書房新社、2013年)『踊ってはいけない国、日本ー風営法問題と過剰規制される社会』(河出書房新社、2012年)がある。

三浦知人(社会福祉法人青丘社事務局長)

川崎南部在日コリアン集住地域で、当事者を中心とした民族差別をなくす地域活動に学生時代より参加。その活動を推進する社会福祉法人青丘社の専従職員となり、地域の在日コリアンの生活実態に基づき、民族差別の行政責任を求めた話し合いを積み重ねる。差別をなくすことを目的とした公的地域施設「川崎市ふれあい館」の設立運動に深く関わり、設立後、スタッフとして働く。「ふれあい館」館長を経て、現在、社会福祉法人青丘社事務局長。乳幼児保育から、児童福祉、社会教育、高齢者福祉、障がい者福祉、まちづくりなど、地域を切り口として、市民参加型の活動が広がり、わが街の地域包括ケアの推進を担当している。

ファシリテーター

大隈理恵(AITプロジェクト・マネジャー)

Photo by Rattana Vandy

大分県生まれ。アートフェア東京、MISA SHIN GALLERY勤務を経て、2010年より現職。AITでは、国内ツアーのディレクションの他、AIT主催の展覧会やプロジェクト、教育プログラムMADの企画・運営、企業による芸術支援プログラムのコーディネートを担当。MAD2006キュレーション・プラクティス修了生。

青木彬(キュレーター / dear Meスタッフ)

1989年東京都生まれ。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。現在はインディペンデント・キュレーターとして活動。2018年からはAITのdear Meの運営にも携わる。アートプロジェクトやオルタナティヴ・スペースをつくる実践を通し、日常生活でアートの思考や作品がいかに創造的な場を生み出せるかを模索している。「黄金町バザール2017」アシスタント・キュレーター。「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」ディレクター。
TICKETS

タイトル:[生活] 多文化地区のストリートからみる景色 in 川崎


日時:7月13日(土)14:00-17:00

訪問先:川崎市内

定員:12名 *最小催行人数:7 名

ナビゲーター:磯部涼(音楽ライター) 三浦知人(社会福祉法人青丘社事務局長)

料金:¥6,500(税別)finished!  

備考:締め切り:7月10日(水)
催行の決定は、7月5日(金)以降にお知らせいたします
 
※ ミニレクチャー付(同日開催)
※ 料金には、交流会費が含まれます
※ 集合・解散場所までの交通費は、各自でご負担ください

RECOMMEND

What Can Art DO?

「複雑さ」を切り取る

観察と瞑想のドキュメンタリー

 8月8日(木) 19:00-21:00

ナビゲーター:想田和弘(映画作家)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

「観察映画」で知られるドキュメンタリー映画作家の想田和弘氏をお招きします。精神科診療所に集う様々な患者たちの姿を撮影し、タブー視されがちな「心の病」について扱った『精神』。巨大政党...

What is Art TODAY?

アートの価値を決めるのは誰か

デュシャン、ダダ、コンセプチュアル・ア…

 4月24日(水) 19:00-21:00

ナビゲーター:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

アートという行為や作品の価値は、アートを支える様々なインフラによって左右されます。特に20世紀のアートの価値は、美術館と密接に関係しています。そしてアート・マーケットというもうひと...

Art & Culture TRIPS

 10月26日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:山根一晃、佐塚真啓、永畑智大
訪問先:Super Open Studio 2019(S.O.S 2019)、国立奥多摩美術館
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

20軒を超えるスタジオと、その所属アーティスト約120名からなる「Super Open Studio 2019」や、制作スタジオを美術館に見立てプロジェクト活動を行っている「国立奥多摩美術館」を巡ります。