現代アートを切り口に、ジェンダーや人権問題、SNSから広がった「#MeToo」運動について考えます。
 
当日は、先日開幕した第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展より、ジェンダーに関連する作品紹介のほか、「#MeToo」運動の勢いにより美術史の是正が行われているアート界の動きや、フェミニズムとアート支援の矛盾についてなど、「#MeToo」運動以前の時代のアーティストにも着目し、時代を往来しながら、私たちの身近に存在するジェンダーに関わる「生きづらさ」や「憤り」もしくは「疑問」について、参加者のみなさんとディスカッションを行います。(Update on5/20)

講師

堀内奈穂子(AITキュレーター / dear Meディレクター)

エジンバラ・カレッジ・オブ・アート現代美術論修士課程修了。2008年より、AITにてレジデンス・プログラムや展覧会、シンポジウム、企業プログラムの企画に携わる。ドクメンタ12マガジンズ・プロジェクト「メトロノーム11号 _ 何をなすべきか? 東京」(2007)アシスタント・キュレーター、「Home Again」(原美術館、2012)アソシエイト・キュレーターを務める。国際交流基金主催による「Shuffling Space」展(タイ、2015)キュレーター、「Invisible Energy」(ST PAUL St Gallery、ニュージーランド、2015)共同キュレーター。アーカスプロジェクト(2013)、パラダイスエア(2015、2016)、京都府アーティスト・イン・レジデンス事業「大京都in舞鶴」(2017)のゲストキュレーターを務める。 2016年より、AITの新たなプロジェクトとして、複雑な環境下にある子どもたちとアーティストをつなぐ「dear Me」プロジェクトを開始。アートや福祉の考えを通した講座やワークショップ、シンポジウムを企画する。

大隈理恵(AITプロジェクト・マネジャー)

Photo by Rattana Vandy

大分県生まれ。アートフェア東京、MISA SHIN GALLERY勤務を経て、2010年より現職。AITでは、国内ツアーのディレクションの他、AIT主催の展覧会やプロジェクト、教育プログラムMADの企画・運営、企業による芸術支援プログラムのコーディネートを担当。MAD2006キュレーション・プラクティス修了生。
TICKETS

タイトル:#MeToo? #YouToo?


日時:5月24日(金)19:00-21:00

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

講師:堀内奈穂子(AITキュレーター / dear Meディレクター) 大隈理恵(AITプロジェクト・マネジャー)

受講料:¥3,900(税別)finished!

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 6月29日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:塩見有子、大隈理恵(AIT)ほか
ゲスト:石田建太朗(建築家)*予定
訪問先:N's YARD
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:一般 ¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

アーティストの奈良美智氏の未発表作品やコレクション作品などを展示している個人美術館「N's YARD」と自然と現代アートに包まれた、保養とアートの宿「板室温泉大黒屋」を訪問します。

What is Art TODAY?

アートと企業

キー・プロジェクト、キー・モーメント

 5月28日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

1980年代より活発になったアートと企業の結び目は、「メセナ」や「CSR」あるいは「創造経済」や「文化資本」という言葉で様々にその意味と役割が説明されてきました。日本では資生堂やサ...

What is Art TODAY?

キュレーションの起源

洞窟、驚異の部屋、プライベート美術館

 5月10日(金) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

キュレーションという行為は、非常に親密な空間から生まれるといえるでしょう。珍しい物や神殿に捧げる物などを陳列したプライベートな小さな部屋「キャビネット・オブ・キュリオシティーズ(C...