地域に開かれた学校として、水戸芸術館のキュレーターが特別授業を行うなど、さまざまな取り組みを行っている「茨城朝鮮初中高級学校」と、地域連携プロジェクトや教育プログラムにも力を入れて取り組んでいる「水戸芸術館現代美術センター」の展覧会を見学します。

朝鮮学校では、民族文化の理解を深めることを目的に2016年より年に一度開催される「日朝友好特別授業会」に訪問し、ウリハッキョ(朝鮮学校)と民族教育に関する生徒の学習発表などを見学します。

また、水戸芸術館現代美術センターでは、「アートセンターをひらく 第Ⅱ期」を見学します。3月~5月に開催した第Ⅰ期では、「創作と対話」をテーマに、いつもは展覧会会場であるギャラリーを、①滞在制作、②パブリック・プログラム、③カフェの3つの用途で活用し、今アートセンターに求められる役割について改めて探究する取り組みを行いました。第Ⅱ期は、その成果発表です。

美術館で行われている豊かな教育プログラムが、その地域の異なる複数のコミュニティからオーディエンスの多様性を生み出しています。本ツアーを通して、水戸芸術館自身が模索している現場を体験し、刻々と変わるアートシーンにおいて、アートセンターの役割とは何なのか、また地域文化への理解を深める大変貴重な機会です。


フクシとアートのラボ / アートの有用性 を受講するとよりツアーが楽しめます。

過去のツアーの様子

ナビゲーター:AITスタッフ

訪問先について:
水戸芸術館現代美術センター
水戸芸術館現代美術センターは、現代美術を中心に、建築、デザイン、ファッションなどの分野にも焦点を当てた展覧会の企画を行っています。1990年の開館から、アーティストとともに展覧会やワークショップを制作し、同時代の表現を通してさまざまな事象について想像を巡らす機会を設ける一方、市民や団体と一緒に行う地域連携プロジェクトや教育プログラムによって、学びや交流の場をつくることにも取り組んでいます。当センター独自の柔軟性を活かし、移り変わる社会に応じた企画を鋭意実施しています。
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
HP:www.arttowermito.or.jp/

茨城朝鮮初中高級学校
学校法人茨城朝鮮学園が運営する朝鮮学校で、北関東で唯一高級部を設置している。
住所:茨城県水戸市千波町2846
HP:http://www.hakkyo.ac.jp

ゲスト

竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)

展覧会およびプロジェクトの企画を通して、芸術と社会の交わる領域を耕すことを目指す。現在、地域社会におけるアートセンターの役割を改めて探求する「アートセンターをひらく」の第Ⅱ期を準備中。主な展覧会として、デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」(2017-2018)、「石川直樹 この星の光の地図を写す」(2016-2017)、「田中功起 共にいることの可能性、その試み」(2016)、「3.11とアーティスト:進行形の記録」(2012)、大友良英「アンサンブルズ2010─共振」(2010)など。水と土の芸術祭2012ディレクター。

佐藤麻衣子(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)

高校生の時に現代美術に出会い、アーティストの作品や考え方に救われた経験から、美術館に来たことがない人や苦手意識を持っている人でも楽しめるワークショップや鑑賞プログラムの企画運営をしている。これまでの主な企画は発達障害の子どもと家族を対象にしたワークショップや茨城朝鮮学校への出張ワークショップ、小中学生向けの展覧会鑑賞プログラム「あーとバス」など。市民ボランティアの育成や公教育との積極的な連携を図り、市民が美術に多く出会える機会を模索している。
TICKETS

タイトル:美術館のコミュニティ創生とその先へ(東京発1日バスツアー / 茨城)


日時:11月30日(土)9:00-19:00(予定)

訪問先:水戸芸術館現代美術センター、茨城朝鮮初中高級学校ほか

定員:25名 最小催行人数:15名 名

ゲスト:竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員) 佐藤麻衣子(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)

料金:¥16,000(コース生 ¥2,000引)(税別)  

備考:締め切り:11月27日(水)
催行の決定は、11月14日(木)以降にお知らせいたします。
 
※ 料金には、バス代、入館料、ランチもしくは交流会費が含まれます。
※ 集合・解散場所までの交通費は、各自でご負担ください。
※ お申し込みは、貸切バスのオンデマンドサービス「busket/バスケット(運営:ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社)」を使用しています。チケット発行+決済にあたり、別途ログインが必要になります。あらかじめご了承ください。

DETAILS
RECOMMEND

What is Art TODAY?

イメージの爆発

1960年代のニューメディア、サイケデリッ…

 5月8日(水) 19:00-21:00

ゲスト:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...

Art & Culture TRIPS

 6月29日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:塩見有子、大隈理恵(AIT)ほか
ゲスト:石田建太朗(建築家)*予定
訪問先:N's YARD
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:一般 ¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

アーティストの奈良美智氏の未発表作品やコレクション作品などを展示している個人美術館「N's YARD」と自然と現代アートに包まれた、保養とアートの宿「板室温泉大黒屋」を訪問します。

Art & Culture TRIPS

 11月30日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)、佐藤麻衣子(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)ほか
訪問先:水戸芸術館現代美術センター、茨城朝鮮初中高級学校ほか
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

水戸芸術館現代美術センターの「アートセンターをひらく 第Ⅱ期」と茨城朝鮮初中高級学校「オープン・スクール」ほかに訪問予定です。