北海道浦河町にある、統合失調症やうつなどの精神疾患を経験した当事者を中心とするコミュニティ「浦河べてるの家」が1年に一度開催するユニークなお祭り「べてるまつり」を訪問します。「べてるまつり」は、当事者が実行委員になり運営や当日の進行を務めたり、べてるのメンバーが体験した幻覚や妄想を発表し表彰する「幻覚&妄想大会」や、生きにくさを仲間と共有し研究というアプローチから深めていく「当事者研究大会」などが開催され、世界中から注目を集めるイベントです。本ツアーでは、「べてるまつり」の訪問に加え、べてるの関係者との特別な交流会や、アイヌの流れをくむ、べてるのメンバーの視点からアイヌの歴史についてお話を聞くなど、浦河の文化や歴史に触れながら、「べてるの家」が形成する新たなコミュニティについて学びます。

フクシとアートのラボ / アートの有用性を受講するとよりツアーが楽しめます。

過去のツアーの様子

ナビゲーター:AITスタッフ

訪問先について:
浦河べてるの家
1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点です。べてるの家は、有限会社福祉 ショップべてる、社会福祉法人浦河べてるの家、NPO法人セルフサポートセンター浦河などの活動があり、総体として「べてる」と呼ばれています。そこで暮らす当事者達にとっては、生活共同体、働く場としての共同体、ケアの共 同体という3つの性格を有しており、100名以上の当事者が地域で暮らしています。
住所:北海道浦河群浦河町築地 3-5-21
HP:https://bethel-net.jp

ゲスト

浦河べてるの家関係者ほか

TICKETS

タイトル:「第27回べてるまつり in 浦河」を巡るツアー(2泊3日/北海道・浦河町)


日時:7月19日(金)-21日(日)

訪問先:「第27回べてるまつり in 浦河」、浦河べてるの家ほか

定員:20名 最小催行人数:12名 名

ゲスト:浦河べてるの家関係者ほか

料金:後日お知らせします  

備考:締め切り等、詳細は後日お知らせします。
 
※ 3月30(土)より申込開始(予定)

RECOMMEND

What is Art TODAY?

キュレーションの起源

洞窟、驚異の部屋、プライベート美術館

 5月10日(金) 19:00-21:00

ゲスト:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

キュレーションという行為は、非常に親密な空間から生まれるといえるでしょう。珍しい物や神殿に捧げる物などを陳列したプライベートな小さな部屋「キャビネット・オブ・キュリオシティーズ(C...

What Can Art DO?

[イントロダクション] dear Me

子どもから大人への「教えない」学び

 4月18日(木) 19:00-21:00

ゲスト:堀内 奈穂子(AITキュレーター / dear Meディレクター)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

アートとフクシを考える一歩として、AITが2016年より実践する、児童福祉施設や様々な環境下にある子どもたちとアーティストをつなぐ「dear Meプロジェクト」の活動を紹介します。...

MAD MINI

 10月19日(土) 11:00-12:30

ゲスト:笠置秀紀(建築家 / mi-ri meter)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥1,500(税別)

近年、世界中のあらゆる都市で防犯カメラが設置され、私たちの生活は常に監視されているとも言えます。こうした「超監視社会」の中、公共空間において「自由」とは何を指すのでしょうか。公共空...