アート鑑賞の一つの醍醐味として、友だちや周りの人と一緒に体験し感想や意見を共有することで、新たな経験や知識を得ることがあります。本ツアーでは、企業に展示されている作品やアーティストの作品が生まれるスタジオなど、普段はなかなかアクセスできない場を巡り、じっくり時間をかけて様々な角度からアート作品を鑑賞し、参加者のみなさんとディスカッションやティータイム(休憩)を楽しみながら、作品や展示全体の理解を深めます。訪問先は、アートコレクターにフィーチャーしたユニークな企画を行っているアートスペース「PROJECT501」や世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア株式会社がアート作品の制作を依頼し展示しているスペースを巡ります。ほかにも、国際展「ヴェネツィア・ビエンナーレ」にも出展し、海外美術館で個展を開催するなど、世界的に注目されているアーティストの制作スタジオにも訪問します。また、訪問先の展示に関わったキュレーターやアーティストとの交流も行う予定です。

マガジン・リダックス / ニュー・インダストリー / アート・パートナーズを受講するとよりツアーが楽しめます。

過去のツアーの様子

ナビゲーター:AITスタッフ

訪問先について:

“LOVE ART”と題して、生活の中にアートを取り入れアートと共に人生を生きる一人のアートコレクターにフィーチャーする企画展示を行っている。
住所:東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
HP:http://project501.tokyo



「アクセンチュア・イノベーション・ハブ 東京」
あらゆる業界に対する知見、先端技術や世界のデジタルトレンドに精通したアクセンチュア株式会社のプロフェッショナルが、クライアントと共同でアイデアを具現化させるための拠点。最先端技術を感じられる多様なイベントも開催している。
HP:https://www.accenture.com/jp-ja/accenture-innovation-hub-tokyo

ゲスト

和佐野有紀(PROJECT501ディレクター / 耳鼻咽喉科医)

神奈川県生まれ。東京医科歯科大学医学部医学科卒業。都内病院にて耳鼻咽喉科医師として勤務の傍ら、2018年慶應義塾大学文学部美学美術史専攻アートマネジメント分野にて前期博士号取得。研究テーマはアートマーケティング。同じ日本で同じ時を生きるアーティストの価値が正しく伝わる仕組みを作りたい、アートを通して日本人の価値観を豊かなものにしたいとの思いから、2018年7月より原宿を拠点として、アートコレクターがアート購買に至る目線を追体験することでアートの新たな魅力を提案する「PROJECT501」を主催。http://project501.tokyo
TICKETS

タイトル:アーティスト・スタジオと企業コレクションなどを巡るツアー(半日/都内)


日時:4月20日(土)14:00-18:00(予定)

訪問先:PROJECT501、アクセンチュア株式会社、アーティスト・スタジオ

定員:12名 *最小催行人数:7名 名

ゲスト:和佐野有紀(PROJECT501ディレクター / 耳鼻咽喉科医)

料金:¥7,500(コース生 ¥2,000引)(税別)finished!  

備考:締め切り:4月17日(水)
催行の決定は、4月12日(金)以降にお知らせいたします。
 
※ 料金には、ランチもしくは交流会費が含まれます。
※ 集合・解散場所までの交通費は、各自でご負担ください。

RECOMMEND

MAD MINI

 9月3日(火) 19:00-20:30

ゲスト:SIDE CORE(アーティスト・コレクティヴ)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥1,500(税別)

「ストリート・アート」や「グラフィティ」と聞くと、ロンドンを中心に活動するアーティストのバンクシーや、モザイク・タイルで日本でもおなじみのキャラクターを描くインベーダーなどが浮かぶ...

MEETING & SHARING

 未定 

ゲスト:嶋田美子(美術家)

訪問先:未定

定員:20 名

受講料:¥12,600(税別)

アーティストとして「女性と戦争」をテーマに国内外でリサーチと作品制作する嶋田美子氏を講師に迎え、2日間に渡るフェミニズムとアートの集中ゼミを開講します。
いま、なぜ、...

What is Art TODAY?

世界のアートシーン

過去3年間のダイジェスト&はみだし

 6月18日(火) 19:00-21:00

ゲスト:塩見有子(AITディレクター)

訪問先:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

2017年から2019年の世界のアートシーンの重要ニュースやアート界を賑わせた話題をできるだけ多く紹介します。過去三年間に起きたアート界の大きな流れから小さな物語まで、アーティスト...