8回のレクチャーで学んだ知識やつながりのヒントを元に、実際のワークショップ(9/1開催予定)に参画しファシリテーターとしての視点を体験します。チーム内での役割を決めたり、ワークショップの準備なども一緒に行います。
なお、ワークショップの実施にあたり、「dear Me」プロジェクトでつながりのある福祉施設やこどもの支援団体にご協力をいただき、企画を策定しています。当日は、海外で先進的な活動を行っている美術館・アートスペースの関係者を招き、その施設の活動事例や考え方を学びながら、ワークショップのアイディアをさらに磨く意見交換を行います。また、チーム内での役割を決めたり、ワークショップの準備なども行います。

講師

エスター・フォセン(フィフス・シーズン ディレクター/ビューティフル・ディストレス・アート・マニフェステーション キュレーター)

フィフス・シーズン ディレクター/キュレーター。オランダ、コーポレートアート協会(VBCN)の理事およびモンドリアン財団の委員を務める。ジャーナリズムを学び、オランダ国立放送(VPRO)の番組制作者として働いた後、アート・アカデミーとアムステルダム大学で美術史を学ぶ。 1998年以来、アペル・アーツ・センター、オランダ国立博物館の精神医学部門、ドルハウス美術館などの美術機関においてプロジェクトマネージャーおよびキュレーターとして働く。
TICKETS

レクチャータイトル:実践①


日時:8月25日(土)13:00-15:0

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

講師:エスター・フォセン(フィフス・シーズン ディレクター/ビューティフル・ディストレス・アート・マニフェステーション キュレーター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:協力:オランダ王国大使館

枚数:

RECOMMEND

What is Art Today?

批評するアート

- フェミニズム、シャーマン、アプロプリ…

 5月23日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


20世紀のアートは、社会に対する批評的な役割をひとつの使命としてきました。そこにはアートの理論だけではなく、哲学や社会学という思想が大きく影響しています。ジェンダーや人権の問題、作...

TOUR

 7月6日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

場所:新宿二丁目界隈

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


昨年好評だった、新宿二丁目ツアーをバージョンアップしてお届け!
東京都渋谷区では、同性パートナー条例が成立されるなど、行政による働きかけやメディアによってLGBTへの...

What is Art Today?

つくる衝動、素材との格闘

- アウトサイダー・アート、ピカソ、アー…

 4月11日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「何かをつくる衝動」という側面からアートを考えます。アートの歴史は人間と物質の関係の歴史でもあります。実験を重ねて、アーティストは新しい関係を探り、作品にしてきました。このレクチャ...