北海道浦河町にある、精神障害などを抱えた当事者と町民有志によって設立された地域活動拠点「ベてるの家」。そこでは、精神障害やうつ病を抱えた当事者が自らの経験専門家として研究し、生きる苦労とうまく付き合う方法を仲間と一緒に考え、みんなが共に支え合う活動「当事者研究」を推進しています。国内外の先進的な活動を進める専門家とのシンポジウムや、統合失調症などを持つ当事者が主体的に表現をする幻覚&妄想大会など、弱さや経験をひらくことで繋がりをつくってきたべてるの実践は、親の精神疾患と子育てなど、社会に潜む様々な課題とこれからの「社会的養護」にも密接に関係しています。そんなべてるの家の設立にかかわった向谷地生良氏から当事者研究を取り入れた経緯と、実践していく上での苦労や支援の在り方について伺い、共に考えます。

講師

向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー/北海道医療大学教授)

1955年青森県生まれ。北星学園大学文学部社会福祉学科卒業。1978年、北海道浦河町の病院に精神科専属のソーシャルワーカーとして赴任。1984年、地域活動拠点「浦河べてるの家」を設立。理事、アドバイザーとして活動している。精神障害を持つ当事者が自らの症状を含めた生活上の出来事を研究・考察する「当事者研究」を提唱、メンバーと共に普及活動を行っている。主な著書に、『安心して絶望できる人生』(NHK出版、2006年)、『技法以前―べてるの家のつくりかた (シリーズ ケアをひらく)』(医学書院、2009年)、『精神障害と教会 教会が教会であるために』(いのちのことば社、2015年)などがある。http://bethel-net.jp
TICKETS

レクチャータイトル:べてるの実践から見るコミュニティと表現の可能性


日時:7月21日 (土)13:00-15:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

講師:向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー/北海道医療大学教授)

受講料:¥3,900(税別)

枚数:

RECOMMEND

What is Art Today?

タイムマシーン

- 過去と現在が交錯するキュレーションと…

 6月20日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀の特徴は「いつでも、どこでも」という言葉で表せるかもしれません。テクノロジーによって時間の感覚や空間の経験が大きく変化してきました。もともとアートにはこの横断的な側面が備わ...

What Can Art Do?

「孤立」から共助へ

- 有機的な生態系をつくる -

 6月28日(木) 19:00-21:00

講師:小澤いぶき(NPO法人PIECES代表理事/児童精神科医)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


子どもが尊厳を育み、豊かに育つ社会を作るためには、大人も子どもも「孤立」しないような、共助や互助が可能になる仕組 みを構築しなくてはなりません。そのためには、ひとりの力やひとつの組...

What Can Art Do?

もう一つの美術史

- モンテ・ヴェリタの実験コミューン -

 4月12日(木) 19:00-21:00

講師:杉田敦(美術批評/art&riverbankディレクター/女子美術大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アートは人間の生き方や精神をもっと豊かにする道だ」というアプローチは、すでに100年以上前から存在した考え方です。こうした実験的モデルを実践に移した、非常にユニークな場所がヨーロ...