アートを長い時間観察することには、どのような効果や経験がもたらされるのでしょうか?注目・注意(もしくは集中)して観察することを、英語では「Attention」と訳しますが、その裏にはもう一度人間らしさを取り戻すという意味が潜んでいるかもしれません。また多くのアーティストは、この「Attention」を駆使し、意識をクリエイティヴな状態に運び作品制作を行っています。本レクチャーでは、「Attention」をテーマに開催された2018年のサンパウロ・ビエンナーレや最新の神経科学、最近注目されている「フロー状態(集中力が高い脳の状態)」など分野を横断して、深い観察や注視することについて考えます。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

東京都生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
https://www.fenbergerhouse.com
TICKETS

タイトル:アート・観察・クリエイティビティ


日時:6月20日(木)19:00-21:00 

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)finished!

RECOMMEND

What Can Art DO?

アルテ・ウティル

アートの有用性とその可能性、工芸、生き…

 6月6日(木) 19:00-21:00 

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

モダンアートの歴史は、分断の歴史でもあります。特に、アートを生活や生きることから切り離すことが、19世紀の終わり頃から起きてきたともいえるでしょう。もともと生活と近い関係にあったは...

Art & Culture TRIPS

 6月29日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:塩見有子、大隈理恵(AIT)ほか
ゲスト:石田建太朗(建築家)*予定
訪問先:N's YARD
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:一般 ¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

アーティストの奈良美智氏の未発表作品やコレクション作品などを展示している個人美術館「N's YARD」と自然と現代アートに包まれた、保養とアートの宿「板室温泉大黒屋」を訪問します。

What Can Art DO?

中心と周縁

ジェンダーとアートの共闘性

 5月11日(土) 13:00-15:00

講師:嶋田美子 (美術家)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

親が感じる社会的なプレッシャーやそこから生じる子どもの虐待などの社会的課題を考えるとき、それはジェンダーの問題とも深く関係していると考えられます。女性と戦争、ナショナリズムをテーマ...