モダンアートの歴史は、分断の歴史でもあります。特に、アートを生活や生きることから切り離すことが、19世紀の終わり頃から起きてきたともいえるでしょう。もともと生活と近い関係にあったはずのアートが特殊な領域になり、前衛美術といわれ、そこからまた独特な歴史を辿ってきたと考えられます。本レクチャーでは、この分断された歴史を考え直し、「もうひとつのモダン」の可能性を探っていきます。イギリスの美術評論家ジョン・ラスキンや、日本の民藝運動の柳宗悦を参照しながら、アートが求めたもう一つの総合芸術や生き方を探ります。そしてこの数年新しい概念として議論されているアルテ・ウティル(有用芸術 / Useful Art)について一緒に考えます。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

東京都生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
https://www.fenbergerhouse.com
TICKETS

タイトル:アルテ・ウティル


日時:6月6日(木)19:00-21:00 

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

枚数:

RECOMMEND

What Can Art DO?

[イントロダクション] dear Me

子どもから大人への「教えない」学び

 4月18日(木) 19:00-21:00

講師:堀内 奈穂子(AITキュレーター / dear Meディレクター)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

アートとフクシを考える一歩として、AITが2016年より実践する、児童福祉施設や様々な環境下にある子どもたちとアーティストをつなぐ「dear Meプロジェクト」の活動を紹介します。...

What Can Art DO?

自己をトリップする

瞑想、身体、アート

 7月11日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター / AIT副ディレクター) 他

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

アートの歴史の中では、どのように「自己」が捉えられてきたのでしょうか。アートと「変性意識」や「スピリチュアル」などの関係性を紐解きながら、思考の変容や新たなアートの体験を促します。...

What Can Art DO?

社会課題を「キュレーション」する

アーツ前橋「表現の森」より

 6月13日(木) 19:00-21:00

講師:今井朋(アーツ前橋学芸員)

場所:代官山AITルーム

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)

群馬県のアーツ前橋で「表現の森」を企画した今井朋氏にお話を聞きます。「表現の森」では、2016年よりアーティストと前橋市内の施設や団体が協働し、5つのプログラムを開始しました。アウ...