高齢化社会に向かっている日本では、医療現場の社会的役割がますます大きくなっています。特に病院やデイケアセンターでは、どのような空間づくりや心のケアの可能性があるのでしょうか。つくば市の医療現場で、アート活動を通じて、医療者とともに心の安らぎの場作りや医療環境のあり方を考える機会を提供し実践している「チア!アート」の岩田祐佳梨氏をゲストに招いて、日本のホスピタル・アートの最先端や問題について、ロジャーとともに対談形式でお話しを伺います。ホスピタル・アートの紹介、医療現場におけるアートの可能性、倫理的・医療的な課題について考えます。

講師

岩田祐佳梨(NPO法人チア・アート代表)

©2017 MasakazuSUZUKI

1987年香川県生まれ。2017年に筑波大学人間総合科学研究科博士後期課程を修了し、博士(デザイン学)を取得。現在、大学で教員を務めると同時に(公財)筑波メディカルセンターではアート・デザインコーディネーターとして活動。アートやデザインによる病院環境の改善を目指した研突と実践に取り組む。2017年7月に医療や福祉を応援するためのアート・デザインの普及を目指す「特定非営利活動法人チア・アート」を設立し、理事長を務める。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。https://www.fenbergerhouse.com
TICKETS

レクチャータイトル:ホスピタル・アートの可能性と課題


日時:11月22日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

講師:岩田祐佳梨(NPO法人チア・アート代表)

受講料:¥3,900(税別)

枚数:

RECOMMEND

What Can Art Do?

 4月19日(木) 19:00-21:00

講師:鈴木秀洋(日本大学危機管理学部准教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「児童養護施設」や「里親制度」などの言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、その実態はどのようなものでしょうか。このレクチャーでは、現場のリサーチやヒアリング、草の根的な意見交...

What is Art Today?

拡張するモダン

- グローバリゼーション、ドクメンタ、ド…

 6月6日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


私たちはよく「モダンアート」という言葉を使います。ここでいう「モダン」は非常に狭い地理感覚や価値観を指しているかもしれません。現代アートの中ではこの「モダン」を大きく考え直す動きも...

What Can Art Do?

「ウェルビーイング」の視点から見る…

- イコン、曼荼羅、禅、ヒッピー -

 6月7日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「ウェルビーイング(well-being)」とは、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念です。ウェルビーイングの視点から考えると...