1960年代、世界の新たな文化的動向として、音楽やアート、変性意識、ファッション、メディアの総合的アプローチが誕生します。このような動きをイギリスのハンフリー・オズモンドは「サイケデリック」と命名し、現在にまで続く広い影響を及ぼすムーブメントを生み出したといえます。ポピュラー・カルチャーでは様々な形で展開されるサイケデリックですが、アートの領域でも強い影響があります。サイケデリックを形式だけではなく精神性や意識の変性の観点から考えることで、新たな美術の歴史を探っていきます。1970年代のジグマー・ポルケの作品をはじめ、拡張する映像作品やこの数年行われてきたサイケデリックをテーマにした展覧会を紹介します。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:サイケデリック・カルチャーとアート


日時:5月25日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

TOUR

 9月14日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:SIDE CORE(アーティスト・コレクティブ)

場所:渋谷周辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


現在100年に1度といわれる大規模な開発が進む渋谷には、世界中から多くのグラフィティ・ライターが訪れ、ストリート・アートの聖地とも呼ばれています。「都市における身体の拡張」をテーマ...

What is Art Today?

つくる衝動、素材との格闘

- アウトサイダー・アート、ピカソ、アー…

 4月11日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「何かをつくる衝動」という側面からアートを考えます。アートの歴史は人間と物質の関係の歴史でもあります。実験を重ねて、アーティストは新しい関係を探り、作品にしてきました。このレクチャ...

What Can Art Do?

マイクロ・ミュージアムとこれからの…

- みずのき美術館とフェンバーガーハウス…

 5月24日(木) 19:00-21:00

講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター/アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


美術館は社会の中でどのような場所であるべきなのでしょうか?ヒーリングの要素を持ち、消費活動や個人主義に対抗する場所として考えられるのでしょうか?このセッションでは2つの小さな美術館...