• Making Art Different—アートを変えよう、違った角度で見てみよう
    現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集中!

  • 実験的でユニークなプログラム

    SERIES

    今年のテーマは、昨年に引き続き「ホリスティック(全体性=健やかに生きること、 ものごとを癒すこと)」です。
    昨年からバージョンアップした4つの新しいシリーズプログラムとなっています。

    LECTURE

    コースを構成するレクチャーは、一部を除き単発で受講が可能、
    目的やスケジュールに合わせて無理なく通えます。

    What is Art Today?

    アーティストを支援する新たなモデル…

    - 企業の牽引力、異分野との連携、オルタ…

     6月5日(火)  19:00-21:00

    講師:塩見有子(AITディレクター)

    場所:AITルーム(代官山)

    定員:25 名

    受講料:¥3,900(税別)


    「アーティストを支援する新たなモデル①」(5月8日開講)の続編。トップダウン的なリーダーシップを伴う、企業とアートの取り組みをさらに詳しく紹介するとともに、ボトムアップ的なアートの...

    What is Art Today?

    拡張するモダン

    - グローバリゼーション、ドクメンタ、ド…

     6月6日(水)  19:00-21:00

    講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

    場所:AITルーム(代官山)

    定員:25 名

    受講料:¥3,900(税別)


    私たちはよく「モダンアート」という言葉を使います。ここでいう「モダン」は非常に狭い地理感覚や価値観を指しているかもしれません。現代アートの中ではこの「モダン」を大きく考え直す動きも...

    What Can Art Do?

    「ウェルビーイング」の視点から見る…

    - イコン、曼荼羅、禅、ヒッピー -

     6月7日(木)  19:00-21:00

    講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

    場所:AITルーム(代官山)

    定員:25 名

    受講料:¥3,900(税別)


    「ウェルビーイング(well-being)」とは、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念です。ウェルビーイングの視点から考えると...

    TOUR

    多摩ニュータウン探訪

    - 都市の実験を読み解く -

     6月9日(土)  15:00-20:00(終了予定)

    講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境学部建築都市コース・都市システム科学域教授)

    場所:多摩ニュータウン近辺

    定員:12 名

    受講料:¥6,500(税別)


    ニュータウンと聞くとどんな場所を想像するでしょう?「均質でつまらない」といったネガティブな印象を持たれがちですが、多摩ニュータウンは都市計画における先駆的な実践に取り組んだ街でもあ...

    Mail Magazine