モダンアートの歴史は、分断の歴史でもあります。特に、アートを生活や生きることから切り離すことが、19世紀の終わり頃から起きてきたともいえるでしょう。もともと生活と近い関係にあったはずのアートが特殊な領域になり、前衛美術といわれ、そこからまた独特な歴史をたどってきたと考えられます。このレクチャーでは、この分断された歴史を考え直し、「もう一つのモダン」の可能性を辿っていきます。イギリスのジョン・ラスキンや、日本の民藝運動の柳宗悦を参照しながら、アートが求めたもう一つの総合芸術や生き方を探ります。そこからは、現在私たちが置かれているアートの状況や経済、環境問題についてもヒントが見えてくるかもしれません。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:オルタナティヴな生活—アート、工芸、民藝と完全性


日時:7月18日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

枚数:

RECOMMEND

GATEWAY

グローバルに考えるVol.1—論理的な情動—日本の現代アートについて

 4月27日(木)  19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


昨今のグローバルな状況の中、海外による日本の現代アートの評価の在り方は、たとえば90年代からは変質したといえます。そのような状況下、キュレーターはど…

SPIRITUAL ART

無限を探して—ロシア宇宙主義と美術館

 11月16日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


ロシアのコズミズム論(宇宙主義)では、「死」はテクノロジーによってなくなり、人は永遠に生きるとされました。さらには、美術館の役割もラディカルな時間…

チケット:

SPIRITUAL ART

アートの起源—洞窟壁画と変性意識

 4月12日(水)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


南アフリカ出身のデヴィッド・ルイス=ウィリアムズ博士の研究によれば、アートの起源は、洞窟壁画と「変性意識」の関係にそのヒントをみることができるそう…