モダンアートの歴史は、分断の歴史でもあります。特に、アートを生活や生きることから切り離すことが、19世紀の終わり頃から起きてきたともいえるでしょう。もともと生活と近い関係にあったはずのアートが特殊な領域になり、前衛美術といわれ、そこからまた独特な歴史をたどってきたと考えられます。このレクチャーでは、この分断された歴史を考え直し、「もう一つのモダン」の可能性を辿っていきます。イギリスのジョン・ラスキンや、日本の民藝運動の柳宗悦を参照しながら、アートが求めたもう一つの総合芸術や生き方を探ります。そこからは、現在私たちが置かれているアートの状況や経済、環境問題についてもヒントが見えてくるかもしれません。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:オルタナティヴな生活—アート、工芸、民藝と完全性


日時:7月18日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

GATEWAY

[Tour 1泊2日] 原野のキュレーティング—フェンバーガーハウスほか訪問(長野県)*現地集合/解散

 6月24日(土)  10:00-

 6月25日(日)  -17:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター) 他

場所:フェンバーガーハウス(長野県)ほか

定員:12 名

受講料:¥45,000(税別)


フェンバーガーハウスは、2013年に長野県佐久市の森の中にオープンした個人美術館で、ロジャー・マクドナルドによる実験的なアート・スペースです。ここを拠…

GATEWAY

キュレーティングとは

 9月21日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


キュレーティングという言葉はこの数年一人歩きし、インターネットやデジタル用語としても使われるようになりました。しかし、元来、キュレーターはアートの…

BODY OF PAINTING

ペインターとの対話Vol.1

 8月2日(水)  19:00-21:00

講師:フランシス真悟(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


日本とアメリカにバックグラウンドを持つフランシス真悟氏は、長い間ペインティングで抽象的な独特のビジョンを描いてきました。主には、モノクロームの画面…