2000年以降、環境や地球に対する考え方が大きく変わり、「エコ消費」や「エコシック」とも呼ばれる新しい市場や倫理的な消費活動が目立っています。このような動きは、シニカルに批判できるかもしれませんが、新たな経済やビジネスのあり方を模索できるともいえます。こうしたテーマは、歴史的には19世紀末に大きく議論されたアートと工芸の分類と結びつけることもできるかもしれません。長年ライフスタイル紙『ecocolo』の編集長を務めた経験を持つ石田エリ氏を迎え、このような生き方を幅広く社会に伝える役割を持つ雑誌の視点で、こうした動きを「ムーブメント」と呼べるのか、世界や日本ではどのような展開があるのかを、具体的な事例を交え議論します。

講師

石田エリ(編集者)

大阪府生まれ。フリーランスの編集・ライターとして、『翼の王国』や『BRUTUS』などの媒体で執筆。2005年より、エコでオルタナティブなライフスタイルを提案する雑誌『ecocolo』の編集に携わり、2011年8月より3年間、編集長を務める。2015年より、フリーランスの編集者として活動中。旅、食、アウトドアなどのテーマをもとに、広告媒体から書籍、雑誌までを手がける。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:エコロジー、アート、ライフスタイル


日時:7月5日(水)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:石田エリ(編集者)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

NEW COMMUNITIES

[Tour] DIYのアート・イニシアティヴVol.3—新たなオーディエンスを探して

 12月2日(土)  17:00-21:00

講師:上原拓真(RUNDAアートテリングツアープランナー) 他

場所:Maki Fine Arts(神楽坂)ほか

定員:12 名

受講料:¥5,000(税別)


ソーシャル・メディアの時代において、アートの展覧会を見る行為は少し変わってきているともいえるでしょう。それは、一人で見に行っても、その経験を友だち…

チケット:

GATEWAY

2000年代のアート

 10月3日(火)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1980年代生まれのアーティストが活躍している現代は、インターネットやデジタルの時代でもあります。このような時代において、アートはどのように発展してい…

GATEWAY

グローバルに考えるVol.1—論理的な情動—日本の現代アートについて

 4月27日(木)  19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


昨今のグローバルな状況の中、海外による日本の現代アートの評価の在り方は、たとえば90年代からは変質したといえます。そのような状況下、キュレーターはど…