消費や市場主義が圧倒的な力を持つ今、どのように倫理的な消費活動や芸術性とビジネスをバランス良く保っていけるのでしょうか。特に、ファッションの世界はますます「ファスト・ファッション」のモデルを取り入れていますが、もっと丁寧で、違う時間が流れるモデルは可能なのでしょうか。「かぐれ」のブランド・ビジョンの形成と、「かぐれ」とのコラボレーションを行った日本伝統工芸に対する考え方や実践的なプロジェクトを紹介しながら、現代に新たな消費のスタイルを作ってきたお二人と考えます。このテーマはファションやライフスタイルに限らず、広く見るとアートにも深く関係しています。アートの「批評性」や社会に対する「前衛性」が大きく問われているいま、異なるジャンルの視点を交え、新たな可能性を探ります。

講師

坂田智子(「かぐれ」ブランドディレクター)

グリーンファッション・セレクトショップ「かぐれ」ブランドディレクター。モード学園ファッションデザイン学科専攻。COSMIC WONDERにてマネージャー職を務めた後、2009年より、(株)アーバンリサーチ「かぐれ」入社。ブランドの商品企画、運営全般にも携わり、現在は地域との取り組みや、エシカルファッションのブランドやデザイナーとの関わりを深め、あらたな提案の発信を続ける。 <a href="http://www.kagure.jp" target="_blank">www.kagure.jp</a>

中地大介(雑貨ブランド「PINT」運営者)

雑貨ブランド「PINT」を運営。北欧雑貨の輸入代理店勤務後、2012年にPINTを立上げ。日本の職人とともに、天然素材と伝統的な技術を活かした暮らしの道具の企画販売を行う。使われ続け、作り続けられる循環を目指し、日々の暮らしの中から生まれるものを作っている。「みんなのどうぐ」プロジェクトを通じ、ものづくりの新しいかたちを考えている。http://pint.mn

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:マーケットに倫理的なスタンスを持つこと


日時:6月6日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:坂田智子(「かぐれ」ブランドディレクター) 中地大介(雑貨ブランド「PINT」運営者)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

What Can Art Do?

 7月26日(木) 19:00-21:00

講師:高橋源一郎(小説家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「弱さ」とはどのようなことでしょうか。本当は私たち誰もが弱さを持っているはずなのに、ある社会においては、私たちはそのことを忘れたふりをしたり、見せないほうが良いと考えていることもあ...

What is Art Today?

アート界の力学

- 教育・美術館・マーケットの循環と、新…

 4月10日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アート界を構成する三大要素(作る、見る、売買する)とその仕組みを眺めるとともに、それら以外の力学についても考えます。アーティストを育てる教育機関、作品を展示する美術館、売買を中心と...

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル①

- レジデンス、アワード、企業の取り組み -

 5月8日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストの制作支援は、パトロン的な支援以外にも様々な仕組みが存在します。1970年代以降、アーティストが一定期間、自国内外に滞在して制作に専念するアーティスト・イン・レジデンス...