森岡書店というちょっと変わった本屋さんを知っていますか。オーナーの森岡氏を招き、このユニークな書店の立ち上げについて、またショップ/本屋/ギャラリーのハイブリッドについてお聞きします。さらに、日本の若い工芸家への関心と知識から、銀座の資生堂ギャラリーで2016年にキュレーションした展覧会や、このような活動を支えている好奇心やビジョンなど、新しいアートスペースのモデルを作っている森岡書店の「裏」に迫ります。

講師

森岡督行(森岡書店オーナー)

1974年山形県生まれ。1998年に神田神保町の一誠堂書店に入社。独立し、2006年に茅場町にある昭和2年築の古いビルで写真集や美術の古書を扱う「森岡書店」を設立。2015年、銀座一丁目に「一冊の本を売る本屋」として移転。著書に『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社、2011年)、『BOOKS ON JAPAN1931−1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社、2012年)、『荒野の古本屋』(晶文社、2014年)など。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:本、工芸、アート


日時:5月24日(水)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:森岡督行(森岡書店オーナー)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

FREE MAD

1945 – 1949 ドリップと落書きから、新たな地平へ(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


第二次世界大戦後、彫刻は産業的・大量生産的な思考と方法論が導入され、彫刻の概念や見方が変化していきました。同時 期にパリの美術界に衝撃を与えたジャ…

FREE MAD

1934b – 1937b メカニックと表象(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


イギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムーアは、模型を造ったり鋳造をせず、直接彫刻を掘る「ダイレクトカービング」という手法から、彫刻の新たな方向性や美…

FREE MAD

1959b-1960c 争われたモダン(6レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同…