「アートはアートだけでは語れない」というアプローチは、すでに100年以上前から存在した考え方です。こうした実験的モデルを実践に移した非常にユニークな場所がヨーロッパの中心にあります。それが「モンテ・ベリタ」という、もう一つの生き方(オルタナティヴ・ライフスタイル)の村です。20世紀の始まりにおいて、ここに多くの思想家やアーティスト、音楽家、ダンサーが集まり、当時の社会と違う生き方を実践しました。ヒッピー文化の先駆的な場所でもあったモンテ・ベリタでは、服や食、健康、芸術、人権、男女関係について自分たちで深く考え、これを共同体の生活のレベルで実践していました。2016年に実際にモンテ・ベリタを訪ねた杉田敦氏を招き、このユートピアンかつ現代に通じる実験についてお聞きします。

講師

杉田敦(美術批評/art & river bankディレクター/女子美術大学教授)

1957年生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒業。現代美術と哲学、科学、メディアを横断的に論じている。実践として、「批評家の海岸」プロジェクト(越後妻有アートトリエンナーレ、2009)、ポルトガルの現代美術展キュレーション「極小航海時代」(女子美アートミュージアム、2010年)、個展「サンクチュアリ、あるいはアジールのあとにくるもの」(空蓮房、2015年)などがある。ほかにも、アーティストの増本泰斗とのプロジェクト「Picnic」やオルタナティヴ・スクール 「nano school」(blanClass)、クリティカル・ジャーナル『+jouranal』の編集・発行なども行っている。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:モンテ・べリタの芸術実験


日時:4月11日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:杉田敦(美術批評/art & river bankディレクター/女子美術大学教授)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

MAD MINI

 5月15日(火) 19:30-21:00

講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境科学研究科教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥1,500(税別)


6月9日(土) に行われるツアー「多摩ニュータウン探訪〜都市の実験を読み解く〜...

What Can Art Do?

べてるの実践から見るコミュニティと…

- ケアの共同体と、弱さの情報公開 -

 7月21日 (土) 13:00-15:00

講師:向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー/北海道医療大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


北海道浦河町にある、精神障害などを抱えた当事者と町民有志によって設立された地域活動拠点「ベてるの家」。そこでは、精神障害やうつ病を抱えた当事者が自らの経験専門家として研究し、生きる...

What is Art Today?

アート界の力学

- 教育・美術館・マーケットの循環と、新…

 4月10日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アート界を構成する三大要素(作る、見る、売買する)とその仕組みを眺めるとともに、それら以外の力学についても考えます。アーティストを育てる教育機関、作品を展示する美術館、売買を中心と...