2013年、警察官による黒人少年射殺事件をきっかけにアメリカ各地で起こった「ブラック・ライヴス・マター」。2017年、新大統領ドナルド・トランプの差別的な言動/政策に抗議するために大統領就任式を凌ぐ人々が集まった「ウーマンズ・マーチ」。それらの反差別デモには数多くの音楽アーティストが参加。彼らは、常日頃から政治的メッセージを打ち出した楽曲をも発表してもいます。また、アメリカにおいて、そういった傾向は60年代のフォークやロックから続く伝統だと言ってもいいでしょう。 一方、日本でも、近年、若者による政治運動が起こり、賛同した音楽アーティストもいましたが、大きなムーヴメントにはなっていません。このアメリカと日本の違いはそれぞれの国の、音楽と社会の関係性の違いからくるものなのでしょうか? 本講座では、音楽と社会の関係とその歴史について各回テーマを設け、音楽鑑賞を交えながら、音楽がもたらす社会への影響や役割を読み解きます。
テーマは、本サイトにて後日発表します。

講師

磯部涼(音楽評論家/ライター)

1978年千葉県生まれ。1990年代後半から執筆活動を開始し、主にマイナー音楽や、それらと社会とのかかわりについて書いている。雑誌『サイゾー』にてルポ「川崎」を連載中。今夏に単行本化予定。単著に『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト、2011年)、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版、2004年)。共著に『遊びつかれた朝に 10年インディ・ミュージックをめぐる対話』(Pヴァイン、2014年)。編著に『日本×香港×台湾 若者はあきらめない』(SEALDs 著、太田出版、2016年)や風営法とクラブの問題についての論考集『踊ってはいけない国で、踊り続けるために?風営法問題と社会の変え方』(河出書房新社、2013年)などがある。
TICKETS

レクチャータイトル:MAD WORLD vol.3
音楽と社会の関係性(仮)


日時:10月17日(火)19:00-20:30

10月18日(水)19:00-20:30

10月19日(木)19:00-20:30

10月20日(金)19:00-20:30

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

講師:磯部涼(音楽評論家/ライター)

受講料:¥19,000(税別)

枚数:

RECOMMEND

SPIRITUAL ART

サイケデリック・カルチャーとアート

 5月25日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1960年代、世界の新たな文化的動向として、音楽やアート、変性意識、ファッション、メディアの総合的アプローチが誕生します。このような動きをイギリスのハ…

SPIRITUAL ART

アートの起源—洞窟壁画と変性意識

 4月12日(水)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


南アフリカ出身のデヴィッド・ルイス=ウィリアムズ博士の研究によれば、アートの起源は、洞窟壁画と「変性意識」の関係にそのヒントをみることができるそう…

GATEWAY

グローバルに考えるVol.3—世界から見た日本のアート・シーンとは?

 5月23日(火)  19:00-21:00

講師:アンドリュー・マークル(フリーランスライター/編集者)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


世界で最も読まれているアート雑誌に、ライターとして寄稿しているアンドリュー・マークル氏を招き、日本の現代アートが世界からどのように見られているのか…