2013年、警察官による黒人少年射殺事件をきっかけにアメリカ各地で起こった「ブラック・ライヴス・マター」。2017年、新大統領ドナルド・トランプの差別的な言動/政策に抗議するために大統領就任式を凌ぐ人々が集まった「ウーマンズ・マーチ」。それらの反差別デモには数多くの音楽アーティストが参加。彼らは、常日頃から政治的メッセージを打ち出した楽曲をも発表してもいます。また、アメリカにおいて、そういった傾向は60年代のフォークやロックから続く伝統だと言ってもいいでしょう。一方、日本でも、近年、若者による政治運動が起こり、賛同した音楽アーティストもいましたが、大きなムーヴメントにはなっていません。このアメリカと日本の違いはそれぞれの国の、音楽と社会の関係性の違いからくるものなのでしょうか? 本講座では、音楽と社会の関係とその歴史について各回テーマを設け、音楽鑑賞を交えながら、音楽がもたらす社会への影響や役割を読み解きます。

第1回 サマー・オブ・ラヴ
    キーワード:ロック・ミュージック、反ベトナム戦争、ウッドストック・フェスティヴァル、サイケデリック・アート、マンソン・ファミリー、インターネット

第2回 ヒップホップ・カルチャー
    キーワード:ヒップホップ4大要素(ブレイクダンス、DJ、ラップ、グラフィティ・アート)、公民権運動、ギャング、グローバリズム、オバマ大統領、トランプ大統領

第3回 ダンス・ミュージック
    キーワード:ディスコ、ハウス、テクノ、EDM、初音ミク、ゲイ・カルチャー

第4回 日本における音楽と社会の関係
    キーワード:輸入音楽、ガラパゴス化、サウンド・デモ、風営法、「音楽に政治を持ち込むな」問題、フリースタイル・ダンジョン

講師

磯部涼(音楽評論家/ライター)

1978年千葉県生まれ。1990年代後半から執筆活動を開始し、主にマイナー音楽や、それらと社会とのかかわりについて書いている。2017年春まで雑誌『サイゾー』にてルポ「川崎」を連載。10月に単行本化予定。単著に『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト、2011年)、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版、2004年)。共著に『遊びつかれた朝に 10年インディ・ミュージックをめぐる対話』(Pヴァイン、2014年)。編著に『日本×香港×台湾 若者はあきらめない』(SEALDs 著、太田出版、2016年)や風営法とクラブの問題についての論考集『踊ってはいけない国で、踊り続けるために?風営法問題と社会の変え方』(河出書房新社、2013年)などがある。

スペシャルゲストあり!(確定次第発表します)

TICKETS

レクチャータイトル:MAD WORLD vol.3
音楽と社会の関係性


日時:10月17日(火)19:00-20:30

10月18日(水)19:00-20:30

10月19日(木)19:00-20:30

10月20日(金)19:00-20:30

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

講師:磯部涼(音楽評論家/ライター) スペシャルゲストあり!(確定次第発表します)

受講料:¥19,000(税別)

RECOMMEND

FREE MAD

1961-1962c 抽象表現主義の影響からの脱却と過去の再解釈(4レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新し…

BODY OF PAINTING

クリスチャン・ラッセン—崇高なイルカとペインティングにおけるキッチュ

 9月5日(火)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


日本では、最も有名なペインターの一人にイルカや海を描くクリスチャン・ラッセンがいます。彼の作品は、アートの領域よりも映画のポスターや商業的な商品と…

FREE MAD

1951 – 1959a 次世代へ(9レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


抽象表現主義から見放され、ミニマリストアーティストの父として歓迎されたバーネット・ニューマンの展覧会や、抽象表現主義を批判したジョン・ケージとロバ…