2018年05月11日

レポート:アートの「外」とは? -「アウトサイド」から読み解く、アール・ブリュットとアウトサイダー・アート入門 –

コース:「生きる」を考えるアートの有用性2
講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)
日時:4月26日(木)19:00-21:00 場所:AITルーム(代官山)

 

 

キュレーター、マッシミリアーノ・ジオーニ(b.1973〜)によって、2013年の第55回ヴェネツィア・ビエンナーレでも取り上げられ、近年ではアートフェアなどを通じて流通されるようになった「アウトサイダー・アート」。

アール・ブリュット(Art Brut)やアウトサイダー・アート(Outsider Art)は、いわゆる「アート」とはどのように違うのでしょうか。いつ頃からそう呼ばれるようになったのか、またその元となった考え方はどのようなものなのか。

精神病や心理学から拡張してきた歴史をたどりながら、「アール・ブリュット(Art Brut)」という言葉を生んだフランスの画家、ジャン・デュビュッフェ(b.1901〜1985)やそれを初めて英訳し、著書『Outsider Art』(1972、Littlehampton Book Services Ltd)によって考えを広めたロジャー・カーディナル(b.1940〜)、また多くのアーティストを排出したオーストリアにある精神科の施設「Maria Gugging Psychiatric Clinic」などについて学びました。

 

 

「Art Brut」とは文化というものに料理されないアート、最もピュアな芸術表現ではないか、とジャン・デュビュッフェは言います。そこには、いわゆるアート界や美術館への批判も込められています。

夢、生命力、無意識、不思議なもの、強い衝動や生き方が込められた作品は、社会的な問題を考察したアートとはまた別の魅力があります。
私たちはそのような作品から、人間はどのように生きるべきなのか?という問いかけを投げかけられているのかもしれません。

 

塚田佳奈

RECOMMEND

What Can Art Do?

 5月10日(木) 19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


前回(4/26)のアール・ブリュットとアウトサイダー・アート入門に続く、日本における「アール・ブリュット」受容について学ぶレクチャー。ヨーロッパの「アール・ブリュット」や「アウトサ...

TOUR

 7月6日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

場所:新宿二丁目界隈

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


昨年好評だった、新宿二丁目ツアーをバージョンアップしてお届け!
東京都渋谷区では、同性パートナー条例が成立されるなど、行政による働きかけやメディアによってLGBTへの...

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル①

- レジデンス、アワード、企業の取り組み -

 5月8日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストの制作支援は、パトロン的な支援以外にも様々な仕組みが存在します。1970年代以降、アーティストが一定期間、自国内外に滞在して制作に専念するアーティスト・イン・レジデンス...