2018年12月13日

レポート:インターネットがひらくアート・ビジネスの可能性

コース:アート・パートナーズ
講師:塩野入弥生(Artsyゼネラルカウンセル)
日時:11月13日(火)19:00-21:00 場所:AITルーム(代官山)

 
 
“アート”と“テクノロジー”を掛け合わせると、一体どんなことが起こるのでしょうか? そして “アートビジネス”と“テクノロジー”を掛け合わせたら…? 今回はそんな 「アートビジネス×テクノロジー」の領域で活躍されている、塩野入弥生さんのお話を伺いました。

 
塩野入さんがゼネラルカウンセルをお務めになっている「Artsy」は、アーティストの作品をウェブ上で閲覧・購入可能にした、アートの新しい購入体験のプラットフォームです。元々は弁護士事務所に勤務されていたという塩野入さんがアートの世界に飛び込んだきっかけが、AITを通じて展覧会のボランティアをされたことだとうかがい、受講生のわたしたちも興味津々です。

 
レクチャーではまず、“テクノロジー×アート” の作品をいくつかご紹介いただき、ゴーグルを使って鑑賞するVRの作品を皆で体験しました。ネットに繋がり、アプリなどをダウンロードすると、海外の作品であっても、レクチャールーム内や自宅でも簡単に同じ体験ができてしまいます。

 
続いて、“テクノロジー×アートビジネス”の話へ。まず、インターネットの登場に伴い、アート界の既存のシステムの効率化を図るために、情報発信や作品売買プラットフォームをウェブ上で展開する様々なビジネスが誕生。現地のギャラリーやオークションハウスに足を運ばずとも作品の閲覧・購入が可能となり、2017年にはオンラインのアート市場は42億米国ドルにも広がっているそうです。

 
さらに近年では、新しいテクノロジーを駆使して既存のシステムを崩していく試みも立ち上がりつつあるといいます。例えば、ブロックチェーンの活用による作品保証やセカンダリーマーケットで作品の売買が行われた時にアーティストにその費用が還元できる仕組み、またコレクターによる作品の分割所有など、今までになかった作品との関わり方が生まれているそうです。レクチャーのなかでは、これらの新しいビジネスの個々の事例についてデータを交えて詳しく説明いただき、新しい市場の拡大を感じることができました。

 
アート界の既存のシステムが変化することで、作品の「ユニーク性」や作品を「所有する」ことなどの概念も変化していくのかもしれません。テクノロジーを通じて既存のシステムを変えていくことは、私たちの既存の価値観をも揺るがす可能性について考えさせられるレクチャーでした。

 
高砂理恵

RECOMMEND

TOUR

 9月14日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:SIDE CORE(アーティスト・コレクティブ)

場所:渋谷周辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


現在100年に1度といわれる大規模な開発が進む渋谷には、世界中から多くのグラフィティ・ライターが訪れ、ストリート・アートの聖地とも呼ばれています。「都市における身体の拡張」をテーマ...

What is Art Today?

拡張するモダン

- グローバリゼーション、ドクメンタ、ド…

 6月6日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


私たちはよく「モダンアート」という言葉を使います。ここでいう「モダン」は非常に狭い地理感覚や価値観を指しているかもしれません。現代アートの中ではこの「モダン」を大きく考え直す動きも...

What Can Art Do?

障害と社会

- エイブル・アート・ジャパンの実践から -

 10月11日(木) 19:00-21:00

講師:柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート・ジャパン代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代以降に日本のアートと福祉の現場で先駆的な実践を行ってきたNPO法人エイブル・アート・ジャパンから柴崎由美子氏を招いて、障害に関わるアートの実践について学びます。障害をど...