2018年07月6日

レポート:アーティストを支援する新たなモデル ②

コース:アートを支える制度と仕事
講師:塩見有子(AITデイレクター/AIT理事長)
日時:6月5日(火)19:00-21:00 場所:AITルーム(代官山)

 
「アートを支える制度と仕事」の第3回。最終回となる今回のテーマは、第2回に引き続き「アーティストを支援する新たなモデル」。
今回は、企業を中心としたアート・プロジェクトやアワードなどの取り組みやオルタナティヴ・スペースなど、公共の美術館とは違った視点でのアートの取り組みについてのレクチャーでした。

 

まずは、企業名を冠したアートスペース・音楽ホールの誕生(1980年代頃〜)や、企業が社会貢献の一環として行う芸術文化支援「企業メセナ」の導入(1990年代頃〜)など、日本で企業とアートの関係性が強まりはじめた例をみていきました。
企業のスペースは、公共の美術館ではできないような、時代性のある展覧会をインディペンデント・キュレーターたちが活発に展開できるといった特徴もあるそうです。

 
続いて、近年の企業によるアート・プロジェクトの例が紹介されました。
本社の社屋内でアートと建築を融合させる株式会社大林組の「本社アート・プロジェクト」や、新進気鋭のアーティストの作品を社内のプレスルームに展示する マネックス証券株式会社主催のアートプログラム「ART IN THE OFFICE」、日本人アーティストが海外アートシーンでのプレゼンスを高めることを後押しする日産自動車株式会社主催の「日産アートアワード」など。

 

これらは塩見さん自身が関わられていたプロジェクトということもあり、受講生からは、
「アーティストと企業の意向が合わなかった時はどうなるの?」
「企業の中にアートを導入して、社員の人たちはどう思っているの?」
「企業活動のひとつとしてアートプログラムを行う場合、どんなものが達成目標になるの?」
といった質問が挙がっていました。

 
また、アーティストを直接支援するだけでなく、アートをファッションに取り入れたものや、美術教育を支援する企業活動について、企業支援とは異なるオルタナティヴスペースやメディア、教育機関の果たしてきた役割についても話は広がりました。

 
アーティストではない私たちはどのようにアートと関わっていけるのか?また、アート界に今まだ足りていないものはなんだろうか?といったことも考えさせられるレクチャーでした。

 
高砂理恵

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 秋開催予定。日時は決まり次第、本ページにてお知らせします。 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:水戸芸術館現代美術センタースタッフほか
訪問先:水戸芸術館現代美術センター、茨城朝鮮初中高級学校ほか
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引
※ 3月30(土)より申込開始

水戸芸術館現代美術センターの「アートセンターをひらく 第Ⅱ期」と茨城朝鮮初中高級学校「オープン・スクール」ほかに訪問予定です。

Art & Culture TRIPS

 秋開催予定。日時は決まり次第、本ページにてお知らせします。 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:山根一晃、佐塚真啓、永畑智大
訪問先:S.O.S.- スーパーオープンスタジオ、国立奥多摩美術館
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引
※ 3月30(土)より申込開始

20軒を超えるスタジオと、その所属アーティスト約120名からなる「Super Open Studio NETWORK」や、制作スタジオを美術館に見立てプロジェクト活動を行っている「国立奥多摩美術館」を巡ります。

Art & Culture TRIPS

 7月19日(金)-21日(日) 

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:浦河べてるの家関係者ほか
訪問先:「第27回べてるまつり in 浦河」(浦河町総合文化会館)ほか
定員:20名 *最小催行人数:12名
料金や締め切り等、詳細は後日お知らせします。
※ 3月30(土)より申込開始(予定)

北海道浦河町にある、統合失調症やうつなどの精神疾患を経験した当事者を中心とするコミュニティ「浦河べてるの家」が1年に一度開催するユニークなお祭り「べてるまつり」を訪問します。