2018年05月28日

レポート:アート界の力学 – 教育・美術館・マーケットの循環と、新しい動向 –

コース:アートを支える制度と仕事
講師:塩見有子(AITデイレクター/AIT理事長)
日時:4月10日(火)19:00-21:00 場所:AITルーム(代官山)

 
「あなたにとってアートとはなんですか?」そんな問いかけから始まった「アートを支える制度と仕事」の第1回目。アーティストを中心として、「教育機関」「美術館・評論」「市場」の3点からアートを取り巻くプレイヤーについてのお話を伺いました。

 

 
一つ目の「教育機関」では、16世紀まで遡りアートアカデミーの歴史や、現在存在感を増しているオルタナティブスクールの事例としてメキシコにある「SOMA」がピックアップされました。
二つ目の「美術館・評論」については、近年美術館を凌ぐ勢いのあるメガコレクターといわれるエルンスト・バイエラー(スイス・バーゼルにあるバイエラー財団の創設者)、チャールズ・サーチ(ロンドンのサーチ・ギャラリーオーナー)、イーライ&エディス・ブロード夫妻などの紹介があり、特にブロード夫妻に関しては、世界中の美術館に自身のコレクションを貸し出していることから、展覧会をつくる上でメガコレクターなしでは企画が成り立たなくなっている状況についての説明がありました。
そして最後に「市場」の動きとして、近年新しいアートフェアの形としてロンドンで創設された「CONDO」の特徴から、従来のアートフェアが抱える問題点を解決しようと奮闘している動向を読み取ることができました。

 
2時間にギュッと凝縮された今回のレクチャーでは、美術を支える制度や役割の概要を知ることができました。

 
周山祐未

RECOMMEND

What Can Art Do?

 11月8日(木) 19:00-21:00

講師:塚本由晴(建築家/博士(工学)/アトリエ・ワン共同代表/東京工業大学大学院教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アートや福祉はどちらも作られた制度の中で実践されます。とりわけ福祉においては行政による制度や社会的ルールに左右されることがありますが、こうした制度を解すものとして「建築」の可能性を...

What Can Art Do?

 11月22日(木) 19:00-21:00

講師:岩田祐佳梨(NPO法人チア・アート代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


高齢化社会に向かっている日本では、医療現場の社会的役割がますます大きくなっています。特に病院やデイケアセンターでは、どのような空間づくりや心のケアの可能性があるのでしょうか。つくば...

What Can Art Do?

もう一つの美術史

- モンテ・ヴェリタの実験コミューン -

 4月12日(木) 19:00-21:00

講師:杉田敦(美術批評/art&riverbankディレクター/女子美術大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アートは人間の生き方や精神をもっと豊かにする道だ」というアプローチは、すでに100年以上前から存在した考え方です。こうした実験的モデルを実践に移した、非常にユニークな場所がヨーロ...