2018年05月28日

レポート:アート界の力学 – 教育・美術館・マーケットの循環と、新しい動向 –

コース:アートを支える制度と仕事
講師:塩見有子(AITデイレクター/AIT理事長)
日時:4月10日(火)19:00-21:00 場所:AITルーム(代官山)

 
「あなたにとってアートとはなんですか?」そんな問いかけから始まった「アートを支える制度と仕事」の第1回目。アーティストを中心として、「教育機関」「美術館・評論」「市場」の3点からアートを取り巻くプレイヤーについてのお話を伺いました。

 

 
一つ目の「教育機関」では、16世紀まで遡りアートアカデミーの歴史や、現在存在感を増しているオルタナティブスクールの事例としてメキシコにある「SOMA」がピックアップされました。
二つ目の「美術館・評論」については、近年美術館を凌ぐ勢いのあるメガコレクターといわれるエルンスト・バイエラー(スイス・バーゼルにあるバイエラー財団の創設者)、チャールズ・サーチ(ロンドンのサーチ・ギャラリーオーナー)、イーライ&エディス・ブロード夫妻などの紹介があり、特にブロード夫妻に関しては、世界中の美術館に自身のコレクションを貸し出していることから、展覧会をつくる上でメガコレクターなしでは企画が成り立たなくなっている状況についての説明がありました。
そして最後に「市場」の動きとして、近年新しいアートフェアの形としてロンドンで創設された「CONDO」の特徴から、従来のアートフェアが抱える問題点を解決しようと奮闘している動向を読み取ることができました。

 
2時間にギュッと凝縮された今回のレクチャーでは、美術を支える制度や役割の概要を知ることができました。

 
周山祐未

RECOMMEND

What Can Art Do?

アートの「外」とは?

- 「アウトサイド」から読み解く、アール…

 4月26日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


最近よく耳にする「アール・ブリュット」や「アウトサイダー・アート」。いわゆる「アート」とどのように違うのでしょうか。このレクチャーでは歴史をひも解きながら、アール・ブリュットやアウ...

What Can Art Do?

はじめての児童福祉

- 創造力が変革するこどもの「場」-

 4月19日(木) 19:00-21:00

講師:鈴木秀洋(日本大学危機管理学部准教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「児童養護施設」や「里親制度」などの言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、その実態はどのようなものでしょうか。このレクチャーでは、現場のリサーチやヒアリング、草の根的な意見交...

TOUR

 10月27日(土) 時間未定

講師:大隈理恵(AIT プロジェクト・マネージャー) 他

場所:東京都内のアート施設ほか

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


アート鑑賞の一つの要素として、友だちや周りの人と一緒に体験し感想や意見を共有することで、新たな経験や知識を得ることがあります。本ツアーでは、アポイントメント制のプライベート・ミュー...