2017年03月15日

お申し込み状況(3月15日現在)

現在のお申し込み状況は、下記のとおりです。気になるプログラムがありましたら、ぜひお問い合わせください。
 
 

▼ 残席わずか!(3/28〆切)

・アート・パートナーズ(通年サロン:4月~12月開講)
講師:南條史生(森美術館館長)、大林剛郎(株式会社大林組代表取締役会長) ほか

 

・読み書き工房(通年ゼミ:4月~12月開講)
講師:アンドリュー・マークル(フリーランスライター/編集者)

 
 

▼ 受付終了

・文化度未知数!新宿二丁目 in Deep(Tour 4/14)
講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

 
 

そのほかのプログラムは、お申し込み受付中です。

RECOMMEND

FREE MAD

1900-1907 – 夢想家と荒くれ者たち(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとそ…

FREE MAD

1923-1929 近代化の悪夢? -「機械」の時代(10レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


近代化の中で機械が登場したことは、アーティストたちの思想や作品に大きな影響を与えました。こうした流れから生まれた、バウハウスやシュルレアリスム、 …

FREE MAD

1914-1922 -「壊す」ことから生まれるアートと、アウトサイダー・アート(10レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


マルセル・デュシャンの既製品を用いたレディー・メイド作品や、ダダイストたちによるロシア古典芸術への批評を取り上げるほか、アルフレッド・スティーグリ…