2019年05月19日

レポート:4/12「マーケット バブル?崩壊?関係ない!」

コース:マガジン・リダックス
講師:塩見有子(AITデイレクター)
日時:4月12日(金)19:00-21:00 場所:代官山AITルーム

 
今話題のアート・ニュースについて学べる「マガジン・リダックス」。
「マーケットなんて関係ない」という一貫した態度で活動を続けたスウェーデンの女性アーティスト、Hilma af Knit(1862〜1944)による個展が現在、ニューヨークのグッゲンハイム美術館にて開かれています。「自分の死後20年間は作品をどこにも展示しない」という遺書を残し、今までマーケットに出てこなかった彼女の作品からスタートした第一回目のレクチャーでは、アートとマーケットについて「インパクト」「透明性」「民主化」「倫理」の4つのキーワードを軸に議論が進みました。

 
まずはじめに、「野村アートアワード」など、最近話題のアートアワードやオークションについて、お金が語るそれぞれの背景を学び、アートが社会に与えるインパクトについて考えました。
また、オンラインを使って作品の売買における不透明性を明瞭にしようとする「ブロック・チェーン」の事例や今流行りのInstagramを使って行われているオークションなど、さらにアーティスト自らが自分の作品を売るようになっていることにも触れ、一部特権としてみられてきたアートが、インターネット技術の発展とともに、「民主化」といえるような大きな変革がこれから起きようとしている示唆に富んだ内容でした。
最後は、欧米で話題となっているサックラー財団を例に、アートと経済、また倫理について、様々な意見が交わされました。

 
レクチャー後の交流会では、最新のアート界の情報が知れる「マガジン・リダックス」コースならではの、“今”起きていることについて受講生同士で情報交換も行いました。

 

渡辺桃加

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 4月20日(土) 14:00-18:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:和佐野有紀(PROJECT501ディレクター / 耳鼻咽喉科医)
訪問先:PROJECT501、アクセンチュア株式会社、アーティスト・スタジオ
定員:12名 *最小催行人数:7名
料金:¥7,500(税別)*コース生 ¥2,000引

本ツアーでは、普段はなかなかアクセスできない企業に展示されている作品やアーティストの作品が生まれるスタジオなどを巡り、じっくり時間をかけて様々な角度からアート作品を鑑賞します。

Art & Culture TRIPS

 6月29日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:塩見有子、大隈理恵(AIT)ほか
ゲスト:石田建太朗(建築家)*予定
訪問先:N's YARD
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:一般 ¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

アーティストの奈良美智氏の未発表作品やコレクション作品などを展示している個人美術館「N's YARD」と自然と現代アートに包まれた、保養とアートの宿「板室温泉大黒屋」を訪問します。

Art & Culture TRIPS

 7月19日(金)-21日(日) 

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:向谷地宣明(MCMedian代表取締役 / NPO法人BASE代表理事)、浦河べてるの家関係者ほか
訪問先:「第27回べてるまつり in 浦河」(浦河町総合文化会館)ほか
定員:20名 *最小催行人数:14名
※ 早期「お問合せ」割引 / MAD生割引あり

北海道浦河町にある、統合失調症やうつなどの精神疾患を経験した当事者を中心とするコミュニティ「浦河べてるの家」が1年に一度開催するユニークなお祭り「べてるまつり」を訪問します。