日本では3.11の大震災と原発事故の後、アートの世界からも様々な提示、プロジェクトや展覧会が行われています。実際に起きた大きな災害や事故をアートはどのように考え、社会の中で共有できるのでしょうか。このような問題は日本に限らず、いま、世界中で考えられています。また、実際に災害が起きていなくても、アートの領域から人類の危機、環境破壊、黙示録やカタストロフを主題にしている作品やプロジェクトは多くあります。森美術館で2018年に開催されるカタストロフィーと再生をテーマとした「カタストロフと美術のちから」展を手がけるキュレーターの近藤健一氏を招き、彼の最新のリサーチやアプローチを議論します。

講師

近藤健一(森美術館キュレーター)

撮影:御厨慎一郎

1969年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミス校美術史学科修士課程修了。2003年より森美術館勤務。ジョン・ウッド&ポール・ハリソン(2007年)、小泉明郎(2009年)、山城知佳子(2012年)の個展を企画した他,ビル・ヴィオラやゴードン・マッタ=クラークの映像作品上映プログラム(2015年)を企画。「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」(2008年)、「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」(2010年)、「アラブ・エクスプレス展」(2012年)、「アンディ・ウォーホル展」(2014年)を共同企画。2014—15年には,ベルリン国立博物館群ハンブルガー・バーンホフ現代美術館で客員研究員を務める。現在、2018年開催予定のカタストロフィーと再生をテーマとした展覧会を準備中。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ?)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:カタストロフィーをキュレーティングする


日時:12月14日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:近藤健一(森美術館キュレーター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

FREE MAD

1934b – 1937b メカニックと表象(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


イギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムーアは、模型を造ったり鋳造をせず、直接彫刻を掘る「ダイレクトカービング」という手法から、彫刻の新たな方向性や美…

FREE MAD

1961-1962c 抽象表現主義の影響からの脱却と過去の再解釈(4レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新し…

FREE MAD

1942a – 1944b 戦争と亡命(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


アメリカのリベラルな評論誌「パルメザン・レビュー」とアメリカの美術評論家クレメント・グリーンバーグがそれまで支持していたマルクス主義との決別を表明…