1980年代生まれのアーティストが活躍している現代は、インターネットやデジタルの時代でもあります。このような時代において、アートはどのように発展しているのでしょうか。映像やビデオなどの表現には、ドキュメンタリーやパフォーマンスの手法が幅広く取り入れられたり、無数のメディアを作品に混在させたり、歴史を自由に参照するなど、新しい文法が数多く見られるようになります。同時に、アート・マーケットがさらなる拡張を見せる中、アートの社会的、批評的要素も考えられていきます。私たちは今、アートの限界を見ているのでしょうか、それとも新たな可能性が見えてくるのでしょうか。テロや環境破壊、自然災害の中、アートは何を表現し、何をすることができるのでしょう。ヨナタン・メーゼ、ゴシュカ・マキュガ、フェデリコ・エレーロやカディム・アリなどのアーティストを紹介します。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:2000年代のアート


日時:10月3日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

SPIRITUAL ART

静かなクラブ—アンビエント、スペース・ミュージックとセラピー

 12月15日(金)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1978年に、ブライアン・イーノが『Ambient 1: Music for Airports』をリリースします。その後、イーノは独自の音楽理論を展開して、静かに干渉するセラピー…

チケット:

BODY OF PAINTING

ペインターとの対話Vol.1

 8月2日(水)  19:00-21:00

講師:フランシス真悟(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


日本とアメリカにバックグラウンドを持つフランシス真悟氏は、長い間ペインティングで抽象的な独特のビジョンを描いてきました。主には、モノクロームの画面…

GATEWAY

グローバルに考えるVol.1—論理的な情動—日本の現代アートについて

 4月27日(木)  19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


昨今のグローバルな状況の中、海外による日本の現代アートの評価の在り方は、たとえば90年代からは変質したといえます。そのような状況下、キュレーターはど…