アートの世界ではさまざまな形でアーティストをサポートする仕組みが存在します。1970年代にはアーティスト・イン・レジデンスという滞在型プログラムが世界的に普及し、現在では、多くの大都市でこのようなサポートプログラムが展開されています。その他には、アーティストに賞を授与する制度がこの20年の間で世界的に発展してきました。このようなプログラムは、特にアーティストにとって意味のある機会や転換期となり、アート・マーケットやメディアとも深く関係があります。このレクチャーでは、AITが東京で長年行ってきたレシデンス・プログラムや近年企画運営に携わっている「日産アートアワード」の具体例を紹介しながら、今の時代における新しいアーティスト支援のモデルを考えます。

講師

塩見有子(AITディレクター)

学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やアート・プロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。AITでは、組織のマネージメントのほか、レジデンス・プログラムやメルセデス・ベンツやマネックス証券、ドイツ銀行、日産自動車など、企業による芸術支援プログラムのコンサルティングなどを行う。
TICKETS

レクチャータイトル:アート・シーンへの招待—アーティストを支援する仕事


日時:7月21日(金)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:塩見有子(AITディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

枚数:

RECOMMEND

BODY OF PAINTING

エミリー・ウングワレーとアグネス・マーティン

 6月7日(水)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


この二人の女性アーティストは、自然のなかで暮らす体験やその風景から得られる感覚を通して、独創的で完璧ともいえる美学的な言語を作り出しました。ウング…

FREE MAD

1959b-1960c 争われたモダン(6レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同…

GATEWAY

1980年代のアート

 6月22日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1980年代は、それまでの西洋中心的なアートがグローバルな方向に向かっていった時代でした。アフリカやアジア地域の作品が展覧会で大きく紹介され、美術史の…