1980年代は、それまでの西洋中心的なアートがグローバルな方向に向かっていった時代でした。アフリカやアジア地域の作品が展覧会で大きく紹介され、美術史の見直しが始まるほか、美術館やマーケットの世界にも変化があり、よりビジネス的なモデルが取り入れられた時でもあります。ヨーロッパとアメリカでは、ギャラリー空間の外で作品を制作したジャン=ミシェル・バスキアやジョルジュ・アデアグボなどのペインティングが注目を浴びました。このレクチャーでは、現代アートを語る上でよく耳にするジェフ・クーンズやシンディー・シャーマンなどのアーティストと、あまり知られていないアンドレアス・シュルツやエリック・ベインブリッジなどを紹介しながら80年代のアートを考えます。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:1980年代のアート


日時:6月22日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

What Can Art Do?

もう一つの美術史

- モンテ・ヴェリタの実験コミューン -

 4月12日(木) 19:00-21:00

講師:杉田敦(美術批評/art&riverbankディレクター/女子美術大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アートは人間の生き方や精神をもっと豊かにする道だ」というアプローチは、すでに100年以上前から存在した考え方です。こうした実験的モデルを実践に移した、非常にユニークな場所がヨーロ...

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル…

- 企業の牽引力、異分野との連携、オルタ…

 6月5日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アーティストを支援する新たなモデル①」(5月8日開講)の続編。トップダウン的なリーダーシップを伴う、企業とアートの取り組みをさらに詳しく紹介するとともに、ボトムアップ的なアートの...

What Can Art Do?

はじめての児童福祉

- 創造力が変革するこどもの「場」-

 4月19日(木) 19:00-21:00

講師:鈴木秀洋(日本大学危機管理学部准教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「児童養護施設」や「里親制度」などの言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、その実態はどのようなものでしょうか。このレクチャーでは、現場のリサーチやヒアリング、草の根的な意見交...