前日のレクチャーの続編です。アートがソーシャルキャピタル(社会資源)の一部として機能する可能性や、ネットワーク化した社会のなかで、アートがどのようによりよい社会や倫理観に貢献できるのかを、一緒に探っていきます。 みなさんが、クラスのなかで考えたプランやアイディアのプレゼンテーションも行います。

Vol.1(6月8日[木])とVol.2を連続して受講することをお勧めします。

講師

水田紗弥子(Little Barrelキュレーター)

武蔵野美術大学大学院芸術文化政策コース修了。トーキョーワンダーサイト勤務を経てフリーランスにて現代アートに関する展覧会、フェスティバル、アートアワードなどの企画・運営、コーディネートに携わる。企画した主な展覧会として「Alterspace - 変化する、仮設のアート・スペース」(アサヒ・アートスクエア、2014年)、「皮膚と地図:4名のアーティストによる身体と知覚への試み」(愛知芸術センター、2010年)などがある。

塩見有子(AITディレクター)

学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やアート・プロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。AITでは、組織のマネージメントのほか、レジデンス・プログラムやメルセデス・ベンツやマネックス証券、ドイツ銀行、日産自動車など、企業による芸術支援プログラムのコンサルティングなどを行う。
TICKETS

レクチャータイトル:[Workshop] アート、アイデア、ソーシャル・キャピタル Vol.2


日時:6月9日(金)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

講師:水田紗弥子(Little Barrelキュレーター) 塩見有子(AITディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:ワークショップ終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

FREE MAD

1961-1962c 抽象表現主義の影響からの脱却と過去の再解釈(4レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新し…

FREE MAD

1930a-1934a 消費社会とレボリューション!(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


大量消費社会が加速する中、ドイツでは広告やファッション誌の写真の担い手として、数多くの女性写真家を生み出しました。 また、この時期はシュールレアリ…

GATEWAY

アーティストの24時間とは?Vol.2

 9月6日(水)  19:00-21:00 *予定

講師:エリイ(美術家 「Chim↑Pom」メンバー)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


Chim↑Pomは、この数年、日本で最も注目されてきたアート・ユニットの一つです。2016年の秋には、新宿の解体前のビルで大規模な展覧会プロジェクトを企画し、…