近年、アートはさまざまな形で社会およびビジネスの現場で活用されています。アートの美学的価値や歴史性もとらえつつ、今、どのような新しいアートの役割や可能性が考えられるのでしょうか?このワークショップでは、実践されているさまざまな事例を紹介しながら、アートやアーティストが異なる領域と結びつくことで生まれる効果や新しい価値を検証し、みんなでアートと社会を結ぶ新たなプロジェクトのアイディアを出し合い、発表に向けて準備します。

*Vol.1とVol.2(6月9日[金])を連続して受講することをお勧めします。

講師

水田紗弥子(Little Barrelキュレーター)

武蔵野美術大学大学院芸術文化政策コース修了。トーキョーワンダーサイト勤務を経てフリーランスにて現代アートに関する展覧会、フェスティバル、アートアワードなどの企画・運営、コーディネートに携わる。企画した主な展覧会として「Alterspace - 変化する、仮設のアート・スペース」(アサヒ・アートスクエア、2014年)、「皮膚と地図:4名のアーティストによる身体と知覚への試み」(愛知芸術センター、2010年)などがある。

塩見有子(AITディレクター)

学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やアート・プロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。AITでは、組織のマネージメントのほか、レジデンス・プログラムやメルセデス・ベンツやマネックス証券、ドイツ銀行、日産自動車など、企業による芸術支援プログラムのコンサルティングなどを行う。
TICKETS

レクチャータイトル:[Workshop] アート、アイデア、ソーシャル・キャピタル Vol.1


日時:6月8日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

講師:水田紗弥子(Little Barrelキュレーター) 塩見有子(AITディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:ワークショップ終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

FREE MAD

1945 – 1949 ドリップと落書きから、新たな地平へ(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


第二次世界大戦後、彫刻は産業的・大量生産的な思考と方法論が導入され、彫刻の概念や見方が変化していきました。同時 期にパリの美術界に衝撃を与えたジャ…

NEW COMMUNITIES

[Workshop] ボクラの冒険 因と果をつなぐ旅

 10月25日(水)  19:00-21:00

講師:しりあがり寿(漫画家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥3,900(税別)


このワークショップでは、みなさんがよく見聞きする昔話の「その先」について考えてみることで、私たちが生きる今の「終わり方」を一緒に想像します。

チケット:

NEW COMMUNITIES

アートにおけるダイバーシティとインクルージョン—イギリスの事例から

 9月20日(水)  19:00-21:00

講師:湯浅真奈美(ブリティッシュ・カウンシル アーツ部長)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


アートは、社会に生きるさまざまな人々に対して在るべきものですが、実際には非常に限られた人たちが美術館やアート・プロジェクトに足を運んでいます。こう…