世界で最も読まれているアート雑誌に、ライターとして寄稿しているアンドリュー・マークル氏を招き、日本の現代アートが世界からどのように見られているのか、また、最近の日本の戦後前衛美術のブームからポスト3.11世代の作品まで、日本のアートがどのような言説に含まれているのか、あるいは無視されているのか。このような疑問に分かりやすく迫り、新たな日本のアートの地平線を探っていきます。

講師

アンドリュー・マークル(フリーランスライター/編集者)

1981年生まれ。元Art Asia Pacific誌副編集長。現在はART iTインターナショナル版副編集長を務めるほか、海外のアートマガジン『Artforum』や『frieze』にも寄稿。現代美術史に関する研究を行いな がら、日本を中心とした現代美術イベント関連の記事を主に書いている。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:グローバルに考えるVol.3—世界から見た日本のアート・シーンとは?


日時:5月23日(火)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:アンドリュー・マークル(フリーランスライター/編集者)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

What Can Art Do?

アートは全てと関連している

- リレーショナル・アートの立場から -

 9月20日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代後半に登場した新しいアートとして『関係性の美学』で提示された「リレーショナル・アート」があります。作品中心的ではなく、作品を通して人と社会や行動などをつなげていく「関係...

What Can Art Do?

一緒に見ること、眺めること

- 目の見える人と見えない人の鑑賞ワーク…

 10月25日(木) 19:00-21:00

講師:林建太(「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


このセッションでは目の見えるひとと見えない人が一緒に体験するワークショップを行います。
アートの鑑賞や体験は視覚情報だけによるものではありません。様々なコミュニケーシ...

What Can Art Do?

 7月12日(木) 19:00-21:00

講師:土谷享(美術家ユニット KOSUGE1-16)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


土谷享、車田智志乃のユニットとして2001年に活動を開始したKosuge1-16。国内外のコミュニティの歴史やエピソードにまつわる遊具のような作品や、子どもや大人が一緒に体験できる...