この数年間、国内外の展覧会に幅広く参加し、アワードをいくつも受賞している毛利悠子氏を招いて、トーク形式でレクチャーを開催します。アーティストたちは毎日、何をして過ごし、どのように作品を制作しているのでしょうか。また、そのアイディアはどうやって生まれ、アトリエとはアーティストにとってどのような場所なのでしょうか。普段はあまり聞けない考えや経験を聞き、アーティストという職業に迫ります。

講師

毛利悠子(美術家)

Photo by Naoko Maeda

1980年神奈川県生まれ。日用品と機械とを再構成した立体物を環境に寄り添わせ、磁力や重力、光など、目に見えない力を感じ取るインスタレーション作品を制作する。近年の主な展覧会に「コーチ=ムジリス・ビエンナーレ2016」(インド)、「六本木クロッシング2016」(森美術館、東京)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」(横浜美術館、神奈川)、「札幌国際芸術祭2014」(清華亭/チ・カ・ホ、北海道)、「Unseen Existence」(Hong Kong Arts Centre、2014年)、「おろち」(waitingroom、東京、2013年)など国内外多数。2017年には「札幌国際芸術祭2017」(北海道)に参加予定。アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)2014年度グランティ。「日産アートアワード2015」グランプリ受賞。2016年には、英国の『アポロマガジン』が選ぶ「40 Under 40:アジア太平洋地域で最も影響力ある40歳以下の40人」に選出された。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:アーティストの24時間とは? Vol.1


日時:4月13日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:毛利悠子(美術家)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

BODY OF PAINTING

ペインターとの対話Vol.1

 8月2日(水)  19:00-21:00

講師:フランシス真悟(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


日本とアメリカにバックグラウンドを持つフランシス真悟氏は、長い間ペインティングで抽象的な独特のビジョンを描いてきました。主には、モノクロームの画面…

NEW COMMUNITIES

みずのき美術館とアールブリュット

 10月31日(火)  19:00-21:00

講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター/アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


日本のアール・ブリュットの歴史は、ヨーロッパと違い障害者福祉の現場と深く関わりを持ってきました。特に1960年代から、全国で様々な先駆的試みが始まりま…

チケット:

FREE MAD

1923-1929 近代化の悪夢? -「機械」の時代(10レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


近代化の中で機械が登場したことは、アーティストたちの思想や作品に大きな影響を与えました。こうした流れから生まれた、バウハウスやシュルレアリスム、 …