この数年間、国内外の展覧会に幅広く参加し、アワードをいくつも受賞している毛利悠子氏を招いて、トーク形式でレクチャーを開催します。アーティストたちは毎日、何をして過ごし、どのように作品を制作しているのでしょうか。また、そのアイディアはどうやって生まれ、アトリエとはアーティストにとってどのような場所なのでしょうか。普段はあまり聞けない考えや経験を聞き、アーティストという職業に迫ります。

講師

毛利悠子(美術家)

Photo by Naoko Maeda

1980年神奈川県生まれ。日用品と機械とを再構成した立体物を環境に寄り添わせ、磁力や重力、光など、目に見えない力を感じ取るインスタレーション作品を制作する。近年の主な展覧会に「コーチ=ムジリス・ビエンナーレ2016」(インド)、「六本木クロッシング2016」(森美術館、東京)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」(横浜美術館、神奈川)、「札幌国際芸術祭2014」(清華亭/チ・カ・ホ、北海道)、「Unseen Existence」(Hong Kong Arts Centre、2014年)、「おろち」(waitingroom、東京、2013年)など国内外多数。2017年には「札幌国際芸術祭2017」(北海道)に参加予定。アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)2014年度グランティ。「日産アートアワード2015」グランプリ受賞。2016年には、英国の『アポロマガジン』が選ぶ「40 Under 40:アジア太平洋地域で最も影響力ある40歳以下の40人」に選出された。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:アーティストの24時間とは? Vol.1


日時:4月13日(木)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:毛利悠子(美術家)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

GATEWAY

アーティストの24時間とは?Vol.2

 9月6日(水)  19:00-21:00 *予定

講師:エリイ(美術家 「Chim↑Pom」メンバー)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


Chim↑Pomは、この数年、日本で最も注目されてきたアート・ユニットの一つです。2016年の秋には、新宿の解体前のビルで大規模な展覧会プロジェクトを企画し、…

チケット:

FREE MAD

1942a – 1944b 戦争と亡命(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


アメリカのリベラルな評論誌「パルメザン・レビュー」とアメリカの美術評論家クレメント・グリーンバーグがそれまで支持していたマルクス主義との決別を表明…

NEW COMMUNITIES

DIYのアート・イニシアティヴVol.1— 国立奥多摩美術館

 6月21日(水)  19:00-21:00

講師:和田昌宏(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストたちは、昔から独自の方法論や空間づくりを行い、ユニークなアートの経験や現場を作ってきました。このレクチャーでは、アーティストの和田昌宏…