抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新しい芸術をつくり出そうとする動きを、アメリカとヨーロッパを比較し、解説します。アーティストでもあるカプローはNYで「18 Happenings in 6 Parts」という催しを行い、ここでハプニングという言葉が登場しました。アメリカの美術家ジョージ・マチューナスが唱えたフルクサスには哲学思想が含まれ、ジョン・ケージの教えとも呼応します。同時期に起こったのヨーロッパではウィーン・アクショニズムの運動が起こりました。オットー・ミュレーやギュンター・ブルスらの活動を通じて解説します。1962年の最後では西洋において純粋芸術として解釈されていたロシア構成主義を再解釈し、作品に取り入れる傾向を、ダン・フレイヴィンやソル・ルウィットなどのアメリカミニマル彫刻作品とともに紹介します。

1961 アラン・カプローとクレス・オルデンバーグ

1962a フルクサス

1962b ウィーン・アクショニズム

1962c 歴史は回る ロシア構成主義の再解釈

RECOMMEND

GATEWAY

アート・シーンへの招待—アーティストを支援する仕事

 7月21日(金)  19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


アートの世界ではさまざまな形でアーティストをサポートする仕組みが存在します。1970年代にはアーティスト・イン・レジデンスという滞在型プログラムが世界…

チケット:

MAD WORLD

MAD WORLD vol.3
音楽と社会の関係性(仮)

 10月17日(火)  19:00-20:30

 10月18日(水)  19:00-20:30

 10月19日(木)  19:00-20:30

 10月20日(金)  19:00-20:30

講師:磯部涼(音楽評論家/ライター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥19,000(税別)


2013年、警察官による黒人少年射殺事件をきっかけにアメリカ各地で起こった「ブラック・ライヴス・マター」。2017年、新大統領ドナルド・トランプの差別的な…

チケット:

読み書き工房

読み書き工房

 4月18日(火)  19:00-21:00 他、全8回 ※日時の詳細は上記に記載

他、全8回  ☞日時の詳細はこちら

講師:アンドリュー・マークル(フリーランスライター/編集者)

場所:AITルーム(代官山)

定員:15 名

受講料:¥60,000(税別)


読み書き工房は、実践と振り返り、グループ・ディスカッションを交わしながら、「読む」「考える」「書く」という評論の基礎的な能力を身につけ、研くための…