抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新しい芸術をつくり出そうとする動きを、アメリカとヨーロッパを比較し、解説します。アーティストでもあるカプローはNYで「18 Happenings in 6 Parts」という催しを行い、ここでハプニングという言葉が登場しました。アメリカの美術家ジョージ・マチューナスが唱えたフルクサスには哲学思想が含まれ、ジョン・ケージの教えとも呼応します。同時期に起こったのヨーロッパではウィーン・アクショニズムの運動が起こりました。オットー・ミュレーやギュンター・ブルスらの活動を通じて解説します。1962年の最後では西洋において純粋芸術として解釈されていたロシア構成主義を再解釈し、作品に取り入れる傾向を、ダン・フレイヴィンやソル・ルウィットなどのアメリカミニマル彫刻作品とともに紹介します。

1961 アラン・カプローとクレス・オルデンバーグ

1962a フルクサス

1962b ウィーン・アクショニズム

1962c 歴史は回る ロシア構成主義の再解釈

RECOMMEND

BODY OF PAINTING

[Workshop] 作品をみんなで眺め、語る—受講生によるプレゼンテーション

 8月5日(土)  11:00-15:30
*ランチ休憩あり(12:00-13:00)

講師:フランシス真悟(美術家) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:12 名

受講料:¥5,000(税別)


平面作品を制作している受講生を対象に、スライドや実物を見せながら自分の作品についてプレゼンテーションを行います。ゲストにフランシス真吾氏とピーター…

FREE MAD

1959b-1960c 争われたモダン(6レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同…

GATEWAY

[Tour 1泊2日] 原野のキュレーティング—フェンバーガーハウスほか訪問(長野県)*現地集合/解散

 6月24日(土)  10:00-

 6月25日(日)  -17:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター) 他

場所:フェンバーガーハウス(長野県)ほか

定員:12 名

受講料:¥45,000(税別)


フェンバーガーハウスは、2013年に長野県佐久市の森の中にオープンした個人美術館で、ロジャー・マクドナルドによる実験的なアート・スペースです。ここを拠…