1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同時期、ポップアートなど、新しいムーブメントを予感させる中、ニューヨーク近代美術館(MOMA)では、アルベルト・ジャコメッティやジャン・デュビュッフェ、ウィレム・デ・クーニングやジャクソン・ポロックなどが参加した「New Images of Man」展が開かれ、同じくMOMAで開催された歴史的な写真展「The Family of Man」では、写真と前衛運動、写真と大衆文化との関係性や世代について、写真のイデオロギーが問われました。また、1960年、批評家のクレメント・グリーンバーグの「モダニズムの絵画」が発表され、絵画表現の展開に大きな影響を与えました。

1959b アッサンブラージュ

1959c 戦後の具象

1959d New York School photography

1960a 前衛グループ「Nouveau Realisme」

1960b クレメント・グリーンバーグ「モダニズムの絵画」

1960c アメリカン・ポップ・アート

RECOMMEND

ART PARTNERS

アート・パートナーズ

 4月20日(木)  19:00-21:00 他、全9回 ※日時の詳細は上記に記載

他、全9回  ☞日時の詳細はこちら

講師:南條史生(森美術館館長) 他

場所:AITルーム(代官山)、大林組品川本社ビル、SUNDAY(三宿)他

定員:20 名

受講料:¥118,500(税別)


アートやビジネスのプロフェッショナルを招き、1年間かけてアートの価値やパトロナージュの新しい可能性について考えます。日本のアートシーンを多方面から…

GATEWAY

キュレーティングとは

 9月21日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


キュレーティングという言葉はこの数年一人歩きし、インターネットやデジタル用語としても使われるようになりました。しかし、元来、キュレーターはアートの…

チケット:

NEW COMMUNITIES

DIYのアート・イニシアティヴVol.1— 国立奥多摩美術館

 6月21日(水)  19:00-21:00

講師:和田昌宏(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストたちは、昔から独自の方法論や空間づくりを行い、ユニークなアートの経験や現場を作ってきました。このレクチャーでは、アーティストの和田昌宏…