1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同時期、ポップアートなど、新しいムーブメントを予感させる中、ニューヨーク近代美術館(MOMA)では、アルベルト・ジャコメッティやジャン・デュビュッフェ、ウィレム・デ・クーニングやジャクソン・ポロックなどが参加した「New Images of Man」展が開かれ、同じくMOMAで開催された歴史的な写真展「The Family of Man」では、写真と前衛運動、写真と大衆文化との関係性や世代について、写真のイデオロギーが問われました。また、1960年、批評家のクレメント・グリーンバーグの「モダニズムの絵画」が発表され、絵画表現の展開に大きな影響を与えました。

1959b アッサンブラージュ

1959c 戦後の具象

1959d New York School photography

1960a 前衛グループ「Nouveau Realisme」

1960b クレメント・グリーンバーグ「モダニズムの絵画」

1960c アメリカン・ポップ・アート

RECOMMEND

What Can Art Do?

べてるの実践から見るコミュニティと…

- ケアの共同体と、弱さの情報公開 -

 7月21日 (土) 13:00-15:00

講師:向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー/北海道医療大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


北海道浦河町にある、精神障害などを抱えた当事者と町民有志によって設立された地域活動拠点「ベてるの家」。そこでは、精神障害やうつ病を抱えた当事者が自らの経験専門家として研究し、生きる...

What Can Art Do?

アートは全てと関連している

- リレーショナル・アートの立場から -

 9月20日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代後半に登場した新しいアートとして『関係性の美学』で提示された「リレーショナル・アート」があります。作品中心的ではなく、作品を通して人と社会や行動などをつなげていく「関係...

What is Art Today?

イメージの爆発

- 1960年代のニューメディア、サイケデリ…

 5月9日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...