抽象表現主義から見放され、ミニマリストアーティストの父として歓迎されたバーネット・ニューマンの展覧会や、抽象表現主義を批判したジョン・ケージとロバート・ラウシェンバーグの表現、消費資本主義を文化・政治から批判した「状況主義インターナショナル(SI)」などを取り上げながら、20世紀の抽象芸術の歴史性、時代性、コンテクストについて解説します。また、日本の「具体」やブラジルの「ネオコンクリート運動」など、同時代における非西洋圏の活動を紹介。後半(1958-1959)では、次世代の到来を象徴するアーティスト、ジャスパー・ジョーンズやフランク・ステラ、ルーチョ・フォンタナ、ピエロ・マンゾーニの展覧会や作品について解説します。

1951 バーネット・ニューマン 不成功に終わった2回目の展覧会

1953 ジョン・ケージとロバート・ラウシェンバーグと「指標」

1955a 非西欧のアバンギャルド

1955b パリのキネティック・アート

1956 インデペンデント・グループ(IG)

1957 2つの前衛グループから設立した状況主義インターナショナル(SI)

1957b グリッドとモノクローム

1958 ジャスパー・ジョーンズとフランク・ステラ

1959a ルーチョ・フォンタナとピエロ・マンゾーニ

RECOMMEND

GATEWAY

世界のアート・コレクター

 11月15日(水)  19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


今、コレクターの時代ともいわれています。この数年は、特にトップの富裕層コレクターがアート界で力を発揮し話題になっています。世界中で巨大なプライベー…

BODY OF PAINTING

エイミー・シルマンとアンドレアス・シュルツェ

 9月19日(火)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


この二人の現代アーティストは、日本ではあまり知られていませんが、歴史的な関連性やユーモアのセンスを巧みに使った作品を制作しています。そもそも今の時…

MAD WORLD

MAD WORLD vol.3
音楽と社会の関係性

 10月17日(火)  19:00-20:30

 10月18日(水)  19:00-20:30

 10月19日(木)  19:00-20:30

 10月20日(金)  19:00-20:30

講師:磯部涼(音楽評論家/ライター) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥19,000(税別)


2013年、警察官による黒人少年射殺事件をきっかけにアメリカ各地で起こった「ブラック・ライヴス・マター」。2017年、新大統領ドナルド・トランプの差別的な…