第二次世界大戦後、彫刻は産業的・大量生産的な思考と方法論が導入され、彫刻の概念や見方が変化していきました。同時 期にパリの美術界に衝撃を与えたジャン・デュビュッフェの展覧会が開催され、また、ヨーロッパから亡命したバウハウスの講師達がアメリカのノースカロライ ナ州で「ブラック?マウンテン?カレッジ」を開講するなど、様々な場所で実験的な美術教育が展開されました。そして、アメリカでは、「抽象表現主義」とい う絵画運動が誕生し、1949年、アメリカの大衆誌『ライフ』の表紙にジャクソン・ポロックが載り、「彼はアメリカで今生きている最も偉大な画家か?」と いうセンセーショナルな記事が掲載されました。

1945 構成された彫刻

1946 ジャン・デュビュッフェとアンフォルメル

1947a バウハウスの未来

1947b 抽象表現主義アーティストの結束と台頭

1949 ジャクソン?ポロックの「斬新」な表現が注目を集める

RECOMMEND

NEW COMMUNITIES

[Tour] 文化度未知数!新宿二丁目 in Deep

 4月14日(金)  19:00-23:00

講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

場所:新宿二丁目周辺

定員:12 名

受講料:¥5,000(税別)


東京都渋谷区では、同性パートナー条例が成立されるなど、行政による働きかけやメディアによってLGBTへの注目度が高くなっています。さまざまな声が聞こえて…

GATEWAY

[Workshop] アート、アイデア、ソーシャル・キャピタル Vol.2

 6月9日(金)  19:00-21:00

講師:水田紗弥子(Little Barrelキュレーター) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥3,900(税別)


前日のレクチャーの続編です。アートがソーシャルキャピタル(社会資源)の一部として機能する可能性や、ネットワーク化した社会のなかで、アートがどのよう…

GATEWAY

グローバルに考えるVol.1—論理的な情動—日本の現代アートについて

 4月27日(木)  19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


昨今のグローバルな状況の中、海外による日本の現代アートの評価の在り方は、たとえば90年代からは変質したといえます。そのような状況下、キュレーターはど…