近代化の中で機械が登場したことは、アーティストたちの思想や作品に大きな影響を与えました。こうした流れから生まれた、バウハウスやシュルレアリスム、 ル・コルビジェの有名な「機械の美学」やドイツの新即物主義、そしてクルト・シュヴィッターズのメルツ絵画を取り上げます。そのほか、ルネ・マグリットに よる広告デザイン、コンスタンティン・ブランクージの新たな彫刻、アメリカにおける近代化と機械、そして史上初の大規模な写真とフィルムの国際展 「Film und Foto」展の開催について解説します。

1923 バウハウス、初の展覧会をワイマールで開催

1924 シュールレアリストの美学とは?

1925a アール・デコ展覧会とル・コルビジェ、アレクサンドル・ロトチェンコ

1925b 新即物主義の絵画

1926 エル・リシツキィーとクルト・シュヴィッタース

1927a ルネ・マグリット、シュールレアリスムの方向へ

1927b コンスタンティン・ブランクーシの作品はハイ・アート?工業製品?

1927c 初期アメリカン・モダニズムの流れ

1928 構成主義の国際化が最高潮へ

1929 「Film und Foto」展における写真の実践とディベート

RECOMMEND

SPIRITUAL ART

何処でもない/あらゆる場所

 4月25日(火)  19:00-21:00

講師:占部史人(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


占部史人氏の繊細で考古学的な作品の裏には、彼の宗教に対する深い関心や先史時代への好奇心があります。このレクチャーでは、占部氏がこうした要素をどのよ…

GATEWAY

[Tour 1泊2日] 原野のキュレーティング—フェンバーガーハウスほか訪問(長野県)*現地集合/解散

 6月24日(土)  10:00-

 6月25日(日)  -17:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター) 他

場所:フェンバーガーハウス(長野県)ほか

定員:12 名

受講料:¥45,000(税別)


フェンバーガーハウスは、2013年に長野県佐久市の森の中にオープンした個人美術館で、ロジャー・マクドナルドによる実験的なアート・スペースです。ここを拠…

NEW COMMUNITIES

地域の芸術祭—その限界と可能性?

 10月4日(水)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


2000年代から、日本のあらゆる地域で芸術祭が開催されてきました。先駆的な「越後妻有トリエナーレ」をはじめとして、人口の減少傾向にある地方自治体が「ア…

チケット: