近代化の中で機械が登場したことは、アーティストたちの思想や作品に大きな影響を与えました。こうした流れから生まれた、バウハウスやシュルレアリスム、 ル・コルビジェの有名な「機械の美学」やドイツの新即物主義、そしてクルト・シュヴィッターズのメルツ絵画を取り上げます。そのほか、ルネ・マグリットに よる広告デザイン、コンスタンティン・ブランクージの新たな彫刻、アメリカにおける近代化と機械、そして史上初の大規模な写真とフィルムの国際展 「Film und Foto」展の開催について解説します。

1923 バウハウス、初の展覧会をワイマールで開催

1924 シュールレアリストの美学とは?

1925a アール・デコ展覧会とル・コルビジェ、アレクサンドル・ロトチェンコ

1925b 新即物主義の絵画

1926 エル・リシツキィーとクルト・シュヴィッタース

1927a ルネ・マグリット、シュールレアリスムの方向へ

1927b コンスタンティン・ブランクーシの作品はハイ・アート?工業製品?

1927c 初期アメリカン・モダニズムの流れ

1928 構成主義の国際化が最高潮へ

1929 「Film und Foto」展における写真の実践とディベート

RECOMMEND

GATEWAY

ドクメンタ2017最新レポート

 9月7日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1955年にドイツで始まった世界で最も注目される展覧会、ドクメンタ(Documenta)が2017年に16回を迎えます。5年に一度開催されるドクメンタは、一人のキュレ…

NEW COMMUNITIES

ザツゼンに生きる—「障害/健常」を超える場の作り方

 7月19日(水)  19:00-21:00

講師:鈴木励滋(地域作業所カプカプ所長)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


横浜・ひかりが丘団地の商店街の一角にある、お年寄りや子ども、障害のある人もない人ものびのびと過ごしている空間、喫茶カプカプ。そこは、色々な違いを持…

GATEWAY

世界のアート・コレクター

 11月15日(水)  19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


今、コレクターの時代ともいわれています。この数年は、特にトップの富裕層コレクターがアート界で力を発揮し話題になっています。世界中で巨大なプライベー…