マルセル・デュシャンの既製品を用いたレディー・メイド作品や、ダダイストたちによるロシア古典芸術への批評を取り上げるほか、アルフレッド・スティーグリッツが築いたアメリカの写真の存在、ピエト・モンドリアンの抽象絵画、デュシャンが描いた最後のペインティング「Tu m'」を紹介します。また、ピカソのアンチ・モダニズムの時代や、ロシア構成主義にみるダダイスト達の過激な政治運動にも触れます。後半では、アウトサイダー・アートがパウル・クレーやマックス・エルンストに与えた影響について眺めます。

1914 ウラジミール・タトリンの制作物とデュシャンのレディメイド

1915 マレーヴィチ・カジミール・セベリーのビッチとシュプレマティスト・ペインティング

1916a 国際的なダダ運動始まる

1916b 写真表現とアメリカのアヴァンギャルド

1917 ピエト・モンドリアン、抽象主義に新たな展開見いだす

1918 マルセル・デュシャンの最初で最後の絵画「Tum’」

1919 パブロ・ピカソ初の個展とその反響

1920 ダダ博覧会ベルリンで開催

1921 ソビエトの構成主義

1922 狂気のアート、パウル・クレーとマックス・エルンスト

RECOMMEND

What is Art Today?

アート界の力学

- 教育・美術館・マーケットの循環と、新…

 4月10日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アート界を構成する三大要素(作る、見る、売買する)とその仕組みを眺めるとともに、それら以外の力学についても考えます。アーティストを育てる教育機関、作品を展示する美術館、売買を中心と...

TOUR

 9月14日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:SIDE CORE(アーティスト・コレクティブ)

場所:渋谷周辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


現在100年に1度といわれる大規模な開発が進む渋谷には、世界中から多くのグラフィティ・ライターが訪れ、ストリート・アートの聖地とも呼ばれています。「都市における身体の拡張」をテーマ...

What Can Art Do?

 7月26日(木) 19:00-21:00

講師:高橋源一郎(小説家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「弱さ」とはどのようなことでしょうか。本当は私たち誰もが弱さを持っているはずなのに、ある社会においては、私たちはそのことを忘れたふりをしたり、見せないほうが良いと考えていることもあ...