マルセル・デュシャンの既製品を用いたレディー・メイド作品や、ダダイストたちによるロシア古典芸術への批評を取り上げるほか、アルフレッド・スティーグリッツが築いたアメリカの写真の存在、ピエト・モンドリアンの抽象絵画、デュシャンが描いた最後のペインティング「Tu m'」を紹介します。また、ピカソのアンチ・モダニズムの時代や、ロシア構成主義にみるダダイスト達の過激な政治運動にも触れます。後半では、アウトサイダー・アートがパウル・クレーやマックス・エルンストに与えた影響について眺めます。

1914 ウラジミール・タトリンの制作物とデュシャンのレディメイド

1915 マレーヴィチ・カジミール・セベリーのビッチとシュプレマティスト・ペインティング

1916a 国際的なダダ運動始まる

1916b 写真表現とアメリカのアヴァンギャルド

1917 ピエト・モンドリアン、抽象主義に新たな展開見いだす

1918 マルセル・デュシャンの最初で最後の絵画「Tum’」

1919 パブロ・ピカソ初の個展とその反響

1920 ダダ博覧会ベルリンで開催

1921 ソビエトの構成主義

1922 狂気のアート、パウル・クレーとマックス・エルンスト

RECOMMEND

What is Art Today?

イメージの爆発

- 1960年代のニューメディア、サイケデリ…

 5月9日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...

What Can Art Do?

実践②

– 子どもとアーティストのワークショップ…

 9月1日(土) 13:00-16:00(準備11:00〜 / 片付け〜17:00)

講師:エスター・フォセン(フィフス・シーズン ディレクター/ビューティフル・ディストレス・アート・マニフェステーション キュレーター) 他

場所:ヒルサイドテラスE棟(東京都渋谷区猿楽町29-8)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストと子どもをつなぐワークショップの企画に取り組み、受講生自らワークショップのファシリテーターにチャレンジします。当日は、精神科医療施設との協働で活動を実施するフィフス・シ...

What Can Art Do?

 5月10日(木) 19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


前回(4/26)のアール・ブリュットとアウトサイダー・アート入門に続く、日本における「アール・ブリュット」受容について学ぶレクチャー。ヨーロッパの「アール・ブリュット」や「アウトサ...