抽象芸術や英国における抽象絵画派によって生まれた新たな理論をはじめ、歴史に抵抗を示すイタリアの未来派、また、マティスによる新たな巨大絵画、キュビズムの発展とヨーロッパにおける抽象芸術の始まりを取り上げます。

1908 ドイツの表現主義、イギリスのヴォーティシズム、そして初期抽象主義

1909 未来派芸術家による声明、仏新聞紙に掲載

1910 マティスの「目くらましの美学」

1911 ピカソとブラックによるキュビズムの誕生

1912 キュビストが発明した技法:コラージュ

1913 ヨーロッパにおける抽象主義の広がり

RECOMMEND

What Can Art Do?

「孤立」から共助へ

- 有機的な生態系をつくる -

 6月28日(木) 19:00-21:00

講師:小澤いぶき(NPO法人PIECES代表理事/児童精神科医)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


子どもが尊厳を育み、豊かに育つ社会を作るためには、大人も子どもも「孤立」しないような、共助や互助が可能になる仕組みを構築しなくてはなりません。そのためには、ひとりの力やひとつの組織...

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル①

- レジデンス、アワード、企業の取り組み -

 5月8日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストの制作支援は、パトロン的な支援以外にも様々な仕組みが存在します。1970年代以降、アーティストが一定期間、自国内外に滞在して制作に専念するアーティスト・イン・レジデンス...

TOUR

 10月27日(土) 14:00-18:00

講師:大隈理恵(AIT プロジェクト・マネージャー) 他

場所:東京都内のアート施設ほか

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


アート鑑賞の一つの要素として、友だちや周りの人と一緒に体験し感想や意見を共有することで、新たな経験や知識を得ることがあります。本ツアーでは、一般公開されていないアート作品の展示を巡...