抽象芸術や英国における抽象絵画派によって生まれた新たな理論をはじめ、歴史に抵抗を示すイタリアの未来派、また、マティスによる新たな巨大絵画、キュビズムの発展とヨーロッパにおける抽象芸術の始まりを取り上げます。

1908 ドイツの表現主義、イギリスのヴォーティシズム、そして初期抽象主義

1909 未来派芸術家による声明、仏新聞紙に掲載

1910 マティスの「目くらましの美学」

1911 ピカソとブラックによるキュビズムの誕生

1912 キュビストが発明した技法:コラージュ

1913 ヨーロッパにおける抽象主義の広がり

RECOMMEND

SPIRITUAL ART

ゾンビ、黙示、未来

 11月2日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀において、「世界の終焉」や「カタストロフ」が文化のなかにもさまざまな形で登場します。なかでも、ゾンビは良く見られるモチーフで、人間と自然界と…

チケット:

GATEWAY

[Workshop] アート、アイデア、ソーシャル・キャピタル Vol.1

 6月8日(木)  19:00-21:00

講師:水田紗弥子(Little Barrelキュレーター) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥3,900(税別)


近年、アートはさまざまな形で社会およびビジネスの現場で活用されています。アートの美学的価値や歴史性もとらえつつ、今、どのような新しいアートの役割や…

GATEWAY

アート・シーンへの招待—アーティストを支援する仕事

 7月21日(金)  19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


アートの世界ではさまざまな形でアーティストをサポートする仕組みが存在します。1970年代にはアーティスト・イン・レジデンスという滞在型プログラムが世界…