ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとその影響について取り上げます。また、セザンヌの死後より始まるフォーヴィズム、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」から見えるピカソの模倣表現への批判にも触れます。

1900a フロイトの精神分析学とグスタフ・クリムトの表現芸

1900b マティス、ロダンのスタジオを訪問する

1903 ゴーギャン、プリミティビズム、そして初期モダニズム

1906 ポスト印象派の遺産からフォーヴィズムへ

1907 ピカソ、「アビニヨンの娘たち」を描く

RECOMMEND

NEW COMMUNITIES

[Workshop] ボクラの冒険 因と果をつなぐ旅

 10月25日(水)  19:00-21:00

講師:しりあがり寿(漫画家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥3,900(税別)


このワークショップでは、みなさんがよく見聞きする昔話の「その先」について考えてみることで、私たちが生きる今の「終わり方」を一緒に想像します。

GATEWAY

ドクメンタ2017最新レポート

 9月7日(木)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1955年にドイツで始まった世界で最も注目される展覧会、ドクメンタ(Documenta)が2017年に16回を迎えます。5年に一度開催されるドクメンタは、一人のキュレ…

FREE MAD

1900-1907 – 夢想家と荒くれ者たち(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとそ…