ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとその影響について取り上げます。また、セザンヌの死後より始まるフォーヴィズム、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」から見えるピカソの模倣表現への批判にも触れます。

1900a フロイトの精神分析学とグスタフ・クリムトの表現芸

1900b マティス、ロダンのスタジオを訪問する

1903 ゴーギャン、プリミティビズム、そして初期モダニズム

1906 ポスト印象派の遺産からフォーヴィズムへ

1907 ピカソ、「アビニヨンの娘たち」を描く

RECOMMEND

BODY OF PAINTING

ペインターとの対話Vol.2

 8月3日(木)  19:00-21:00

講師:ピーター・マクドナルド(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


マクドナルド氏のペインティングは、一見、ポップで明るいものとして受け止められがちですが、もう少し深く眺めていくと、その裏にはペインティングの歴史に…

チケット:

GATEWAY

グローバルに考えるVol.1—論理的な情動—日本の現代アートについて

 4月27日(木)  19:00-21:00

講師:保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


昨今のグローバルな状況の中、海外による日本の現代アートの評価の在り方は、たとえば90年代からは変質したといえます。そのような状況下、キュレーターはど…

NEW COMMUNITIES

[Tour] DIYのアート・イニシアティヴVol.3—新たなオーディエンスを探して

 10月28日(土)  17:00-21:00

講師:上原拓真(RUNDAアートテリングツアープランナー) 他

場所:都内のアート施設

定員:12 名

受講料:¥5,000(税別)


ソーシャル・メディアの時代において、アートの展覧会を見る行為は少し変わってきているともいえるでしょう。それは、一人で見に行っても、その経験を友だち…

チケット: