ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとその影響について取り上げます。また、セザンヌの死後より始まるフォーヴィズム、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」から見えるピカソの模倣表現への批判にも触れます。

1900a フロイトの精神分析学とグスタフ・クリムトの表現芸

1900b マティス、ロダンのスタジオを訪問する

1903 ゴーギャン、プリミティビズム、そして初期モダニズム

1906 ポスト印象派の遺産からフォーヴィズムへ

1907 ピカソ、「アビニヨンの娘たち」を描く

RECOMMEND

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル…

- 企業の牽引力、異分野との連携、オルタ…

 6月5日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アーティストを支援する新たなモデル①」(5月8日開講)の続編。トップダウン的なリーダーシップを伴う、企業とアートの取り組みをさらに詳しく紹介するとともに、ボトムアップ的なアートの...

What Can Art Do?

アートの「外」とは?

- 「アウトサイド」から読み解く、アール…

 4月26日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


最近よく耳にする「アール・ブリュット」や「アウトサイダー・アート」。いわゆる「アート」とどのように違うのでしょうか。このレクチャーでは歴史をひも解きながら、アール・ブリュットやアウ...

What Can Art Do?

マイクロ・ミュージアムとこれからの…

- みずのき美術館とフェンバーガーハウス…

 5月24日(木) 19:00-21:00

講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター/アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


美術館は社会の中でどのような場所であるべきなのでしょうか?ヒーリングの要素を持ち、消費活動や個人主義に対抗する場所として考えられるのでしょうか?このセッションでは2つの小さな美術館...