よくある質問

アートの専門知識がなくても受講できる? あるいは受講条件などはある?

MADは現代アートに興味があり、アートをもっと知りたいという方を対象としています。そのため美術系大学を卒業している、アートの仕事の経験がある、などの条件は設けていません

アートに関する基本的な知識や社会学、現代思想、歴史などの分野の知識があると、内容がつかみやすいことはありますが、ないからといって心配する必要はありません。

全くの初心者から今後本格的にアート界で活動したい人まで、どなたでも受講できるようプログラム作りをしています。
また、2012年1月から公開している「Free MAD」では、無料で20世紀のアートについて学ぶことができます。受講前の予習や受講中の復習などにご活用ください。

MADの見学や説明会はある?

見学は実施しておりませんが、2-3月に無料体験レクチャーを行いますのでぜひご参加ください。ご質問や疑問にもお答えします。
その後は、参加無料のラウンジ&ミュージックイベント「ミングリアス」を開催します。AITルームの雰囲気を知りたい方にもオススメです。詳しくは、こちら☞

申込み方法は?

2月6日より、MAD HPにて申し込み可能です。申し込み方法はこちらをご覧ください

FAXにてお申込みをご希望の場合はお問い合わせください。

申込み後の受講方法は?

プログラムによって異なります。こちらをご覧ください。

受講料の割引はありますか?

期間限定での割引・特典や学生を対象にした割引をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

MADを受講するにあたり、何か特典はある?

該当期間内にお申込みされた方を対象に、AITが関わるアートイベントに無料ご招待します(定員あり)。
また、受講生になると、自動的にAITのメンバーシップ・プログラムの「ベース・メンバー」となり、AITが主催するトークやイベントに割引料金で参加できる他、AITを通じてアート系人材募集の情報を得ることができます。
詳しくは、こちら☞

受講料の分割払いは可能?

クレジットカードでのお支払いの場合、分割払いが可能です。(1回/2回/3回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回 リボ払い)
銀行振込みの場合は、原則として一括でのお支払いをお願いいたします。やむを得ない事情のある方はお問い合わせください。

申込み完了後に変更やキャンセル(返金)はできる?

原則として、お申込み・受講料のお振込み後の返金は受付けておりません。予めご了承ください。

*レクチャーを欠席した場合、後日AITルームでビデオを視聴できます。詳しくはこちらをご覧ください。

MADの修了書や、受講料の領収書は発行してもらえる?

原則として、修了書の発行は行っていません。受講料の領収書が必要な方はお問い合わせください。

AITルームってどんなところ?

平日昼間は、AITのオフィスとして営業しています。詳しくはこちらをご覧ください。

AITルームの本を借りることはできる?

原則として、AITルーム内での閲覧をお願いしています。書籍のコピーをご希望の方は、スタッフまでお声がけください。(その際、1枚につき10円をお支払ください)

RECOMMEND

NEW COMMUNITIES

地域の芸術祭—その限界と可能性?

 10月4日(水)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


2000年代から、日本のあらゆる地域で芸術祭が開催されてきました。先駆的な「越後妻有トリエナーレ」をはじめとして、人口の減少傾向にある地方自治体が「ア…

チケット:

GATEWAY

1990年代のアート

 9月8日(金)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代は、国際展が爆発的に増え、地理的に拡大した時代ともいわれています。グローバル化が世界のアート界に影響し、展覧会やキュレーティングの方法を大…

チケット:

FREE MAD

1930a-1934a 消費社会とレボリューション!(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


大量消費社会が加速する中、ドイツでは広告やファッション誌の写真の担い手として、数多くの女性写真家を生み出しました。 また、この時期はシュールレアリ…