よくある質問

アートの専門知識がなくても受講できる?

熱意があればどなたでも受講できます。
アートに関する基本的な知識や社会学、現代思想、歴史などの分野の知識があると、内容がつかみやすいことはありますが、ないからといって心配する必要はありません。
全くの初心者から今後本格的にアート界で活動したい人まで、どなたでも受講できるようプログラム作りをしています。
また、2012年1月から公開している「Free MAD」では、無料で20世紀のアートについて学ぶことができます。受講前の予習や受講中の復習などにご活用ください。

受講条件などはある?

特にありません。MADは現代アートに興味があり、アートをもっと知りたいという方を対象としています。そのため美術系大学を卒業している、アートの仕事の経験がある、などの条件は設けていません。

MADの見学や説明会はある?

見学は実施しておりませんが、2-3月に無料体験レクチャーを行いますのでぜひご参加ください。ご質問や疑問にもお答えします。
その後は、MAD MINIや参加無料のラウンジ&ミュージックイベント「ミングリアス」を開催します。AITルームの雰囲気を知りたい方にもオススメです。

申込み方法は?

MAD HPにて申し込み可能です。申し込み方法はこちらをご覧ください。
FAXにてお申込みをご希望の場合はお問い合わせください。

申込み後の受講方法は?

プログラムによって異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

受講料の割引はありますか?

期間限定での割引・特典や学生を対象にした割引をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

MADを受講するにあたり、何か特典はある?

該当期間内にお申込みされた方を対象に、AITが関わるアートイベントに無料ご招待します(定員あり)。
また、受講生になると、自動的にAITのメンバーシップ・プログラムの「ベース・メンバー」となり、AITが主催するトークやイベントに割引料金で参加できる他、AITを通じてアート系人材募集の情報を得ることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

受講料の分割払いは可能?

クレジットカードでのお支払いの場合、分割払いが可能です。
銀行振込みの場合は、原則として一括でのお支払いをお願いいたします。やむを得ない事情のある方はお問い合わせください。

申込み完了後に変更やキャンセル(返金)はできる?

原則として、お申込み・受講料のお振込み後の返金は受付けておりません。予めご了承ください。
*レクチャーを欠席した場合、後日AITルームでビデオを視聴できます。詳しくはこちらをご覧ください。

MADの修了書や、受講料の領収書は発行してもらえる?

原則として、修了書の発行は行っていません。受講料の領収書が必要な方はお問い合わせください。

AITルームってどんなところ?

平日昼間は、AITのオフィスとして営業しています。詳しくはこちらをご覧ください。

AITルームの本を借りることはできる?

原則として、AITルーム内での閲覧をお願いしています。書籍のコピーをご希望の方は、スタッフまでお声がけください。(その際、1枚につき10円をお支払ください)

RECOMMEND

What is Art Today?

キュレーションはどこに向かうのか

- ユニークな実践から学ぶ新しいキュレー…

 11月7日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀になってキュレーションの手法も大きく変化してきました。特に美術館では、コレクションの展示方法に対して様々な実験に取り組んでいます。また、1990年代から増えた国際展でも挑戦...

What is Art Today?

展覧会を面白くするスパイス

- 作品やコンセプトだけではない、展覧会…

 10月10日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


展覧会はどうやって作られているのでしょうか?キュレーターは特定の場所や時間の中で無数の要素を組み合わせ、展覧会を構成していきます。アーティストの背景や作品から読み取れる意味や歴史的...

What Can Art Do?

 7月26日(木) 19:00-21:00

講師:高橋源一郎(小説家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「弱さ」とはどのようなことでしょうか。本当は私たち誰もが弱さを持っているはずなのに、ある社会においては、私たちはそのことを忘れたふりをしたり、見せないほうが良いと考えていることもあ...