アートという行為や作品の価値は、アートを支える様々なインフラによって左右されます。特に20世紀のアートの価値は、美術館と密接に関係しています。そしてアート・マーケットというもうひとつのシステムも、この時代から大きく関わってきました。アートは物質や素材の価値から拡張され、アーティストの考えや社会に対する批判もアートの価値とされています。マルセル・デュシャンの革命的作品のインパクト、美術館が決めるアートの価値、ダダの反抗精神、コンセプチュアル・アートはなぜアートなのかについて、考えていきます。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。https://www.fenbergerhouse.com
TICKETS

レクチャータイトル:アートの価値を決めるのは誰か


日時:4月25日(水)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

受講料:¥3,900(税別)受付終了

RECOMMEND

What Can Art Do?

 7月12日(木) 19:00-21:00

講師:土谷享(美術家ユニット KOSUGE1-16)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


土谷享、車田智志乃のユニットとして2001年に活動を開始したKosuge1-16。国内外のコミュニティの歴史やエピソードにまつわる遊具のような作品や、子どもや大人が一緒に体験できる...

TOUR

 7月6日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

場所:新宿二丁目界隈

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


昨年好評だった、新宿二丁目ツアーをバージョンアップしてお届け!
東京都渋谷区では、同性パートナー条例が成立されるなど、行政による働きかけやメディアによってLGBTへの...

アーティストを支援する新たなモデル…

- レジデンス、アワード、企業の取り組み -

 5月8日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アーティストの制作支援は、パトロン的な支援以外にも様々な仕組みが存在します。1970年代以降、アーティストが一定期間、自国内外に滞在して制作に専念するアーティスト・イン・レジデンス...