1950年代後半、アメリカ西海岸では、ブルース・コナーやウォレス・バーマンの卑猥で奇怪なアッサンブラージュが度々裁判沙汰となり物議を醸していました。同時期、ポップアートなど、新しいムーブメントを予感させる中、ニューヨーク近代美術館(MOMA)では、アルベルト・ジャコメッティやジャン・デュビュッフェ、ウィレム・デ・クーニングやジャクソン・ポロックなどが参加した「New Images of Man」展が開かれ、同じくMOMAで開催された歴史的な写真展「The Family of Man」では、写真と前衛運動、写真と大衆文化との関係性や世代について、写真のイデオロギーが問われました。また、1960年、批評家のクレメント・グリーンバーグの「モダニズムの絵画」が発表され、絵画表現の展開に大きな影響を与えました。

1959b アッサンブラージュ

1959c 戦後の具象

1959d New York School photography

1960a 前衛グループ「Nouveau Realisme」

1960b クレメント・グリーンバーグ「モダニズムの絵画」

1960c アメリカン・ポップ・アート

RECOMMEND

What Can Art Do?

「孤立」から共助へ:有機的な生態系…

- 有機的な生態系をつくる -

 6月28日(木) 19:00-21:00

講師:小澤いぶき(NPO法人PIECES代表理事/児童精神科医)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


子どもが尊厳を育み、豊かに育つ社会を作るためには、大人も子どもも「孤立」しないような、共助や互助が可能になる仕組みを構築しなくてはなりません。そのためには、ひとりの力やひとつの組織...

イメージの爆発

- 1960年代のニューメディア、サイケデリ…

 5月9日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...

What Can Art Do?

マイクロ・ミュージアムとこれからの…

- みずのき美術館とフェンバーガーハウス…

 5月24日(木) 19:00-21:00

講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター/アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


美術館は社会の中でどのような場所であるべきなのでしょうか?ヒーリングの要素を持ち、消費活動や個人主義に対抗する場所として考えられるのでしょうか?このセッションでは2つの小さな美術館...