抽象表現主義から見放され、ミニマリストアーティストの父として歓迎されたバーネット・ニューマンの展覧会や、抽象表現主義を批判したジョン・ケージとロバート・ラウシェンバーグの表現、消費資本主義を文化・政治から批判した「状況主義インターナショナル(SI)」などを取り上げながら、20世紀の抽象芸術の歴史性、時代性、コンテクストについて解説します。また、日本の「具体」やブラジルの「ネオコンクリート運動」など、同時代における非西洋圏の活動を紹介。後半(1958-1959)では、次世代の到来を象徴するアーティスト、ジャスパー・ジョーンズやフランク・ステラ、ルーチョ・フォンタナ、ピエロ・マンゾーニの展覧会や作品について解説します。

1951 バーネット・ニューマン 不成功に終わった2回目の展覧会

1953 ジョン・ケージとロバート・ラウシェンバーグと「指標」

1955a 非西欧のアバンギャルド

1955b パリのキネティック・アート

1956 インデペンデント・グループ(IG)

1957 2つの前衛グループから設立した状況主義インターナショナル(SI)

1957b グリッドとモノクローム

1958 ジャスパー・ジョーンズとフランク・ステラ

1959a ルーチョ・フォンタナとピエロ・マンゾーニ

RECOMMEND

キュレーションはどこに向かうのか

- ユニークな実践から学ぶ新しいキュレー…

 11月7日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀になってキュレーションの手法も大きく変化してきました。特に美術館では、コレクションの展示方法に対して様々な実験に取り組んでいます。また、1990年代から増えた国際展でも挑戦...

TOUR

 7月6日(金) 19:00-23:00(終了予定)

講師:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)

場所:新宿二丁目界隈

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


昨年好評だった、新宿二丁目ツアーをバージョンアップしてお届け!
東京都渋谷区では、同性パートナー条例が成立されるなど、行政による働きかけやメディアによってLGBTへの...

TOUR

多摩ニュータウン探訪 – 都市…

- 都市の実験を読み解く -

 6月9日(土) 15:00-20:00(終了予定)

講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境学部建築都市コース・都市システム科学域教授)

場所:多摩ニュータウン近辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


ニュータウンと聞くとどんな場所を想像するでしょう?「均質でつまらない」といったネガティブな印象を持たれがちですが、多摩ニュータウンは都市計画における先駆的な実践に取り組んだ街でもあ...