第二次世界大戦後、彫刻は産業的・大量生産的な思考と方法論が導入され、彫刻の概念や見方が変化していきました。同時 期にパリの美術界に衝撃を与えたジャン・デュビュッフェの展覧会が開催され、また、ヨーロッパから亡命したバウハウスの講師達がアメリカのノースカロライ ナ州で「ブラック?マウンテン?カレッジ」を開講するなど、様々な場所で実験的な美術教育が展開されました。そして、アメリカでは、「抽象表現主義」とい う絵画運動が誕生し、1949年、アメリカの大衆誌『ライフ』の表紙にジャクソン・ポロックが載り、「彼はアメリカで今生きている最も偉大な画家か?」と いうセンセーショナルな記事が掲載されました。

1945 構成された彫刻

1946 ジャン・デュビュッフェとアンフォルメル

1947a バウハウスの未来

1947b 抽象表現主義アーティストの結束と台頭

1949 ジャクソン?ポロックの「斬新」な表現が注目を集める

RECOMMEND

What Can Art Do?

障害と社会 – エイブル・アー…

- エイブル・アート・ジャパンの実践から -

 10月11日(木) 19:00-21:00

講師:柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート・ジャパン代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代以降に日本のアートと福祉の現場で先駆的な実践を行ってきたNPO法人エイブル・アート・ジャパンから柴崎由美子氏を招いて、障害に関わるアートの実践について学びます。障害をど...

展覧会を面白くするスパイス

- 作品やコンセプトだけではない、展覧会…

 10月10日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


展覧会はどうやって作られているのでしょうか?キュレーターは特定の場所や時間の中で無数の要素を組み合わせ、展覧会を構成していきます。アーティストの背景や作品から読み取れる意味や歴史的...

TOUR

多摩ニュータウン探訪 – 都市…

- 都市の実験を読み解く -

 6月9日(土) 日中

講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境学部建築都市コース・都市システム科学域教授)

場所:多摩ニュータウン近辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


ニュータウンと聞くとどんな場所を想像するでしょう?「均質でつまらない」といったネガティブな印象を持たれがちですが、多摩ニュータウンは都市計画における先駆的な実践に取り組んだ街でもあ...