アメリカのリベラルな評論誌「パルメザン・レビュー」とアメリカの美術評論家クレメント・グリーンバーグがそれまで支持していたマルクス主義との決別を表明。第二次世界大戦を機に多くのヨーロッパ出身のアーティストがニューヨークへ移住し、重要な展覧会を次々と開催しました。また、第二次世界大戦後、パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、ジョルジュ・ブラック等の巨匠たちがそれぞれに新たな制作方法に挑戦し、若いアーティストにさまざまな影響を与えました。その他、それまで白人中心のアート界で、アフリカン・アメリカン・アートに関する初の研究が発表されたことや、ピエト・モンドリアンが最後に手がけた未完のペインティング「ビクトリー・ブギウギ」ついて取り上げます。

1942a アメリカのアヴァンギャルドから政治色薄れる

1942b ニューヨークのシュールレアリスト

1943 ハーレム・ルネサンス – アフリカ系アメリカ人の芸術

1944a ピエト・モンドリアンの死

1944b 巨匠の挑戦

RECOMMEND

What Can Art Do?

障害と社会 – エイブル・アー…

- エイブル・アート・ジャパンの実践から -

 10月11日(木) 19:00-21:00

講師:柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート・ジャパン代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代以降に日本のアートと福祉の現場で先駆的な実践を行ってきたNPO法人エイブル・アート・ジャパンから柴崎由美子氏を招いて、障害に関わるアートの実践について学びます。障害をど...

What Can Art Do?

 5月17日(木) 19:00-21:00

講師:土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


生まれた国の制度や枠組み、出会った家族によってその人の一生が決まるとしたら、私たちはどうやって自ら生まれ持った環境から欲しい未来をつくることができるのでしょうか。ニューヨークを拠点...

タイムマシーン

- 過去と現在が交錯するキュレーションと…

 6月20日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀の特徴は「いつでも、どこでも」という言葉で表せるかもしれません。テクノロジーによって時間の感覚や空間の経験が大きく変化してきました。もともとアートにはこの横断的な側面が備わ...