抽象芸術や英国における抽象絵画派によって生まれた新たな理論をはじめ、歴史に抵抗を示すイタリアの未来派、また、マティスによる新たな巨大絵画、キュビズムの発展とヨーロッパにおける抽象芸術の始まりを取り上げます。

1908 ドイツの表現主義、イギリスのヴォーティシズム、そして初期抽象主義

1909 未来派芸術家による声明、仏新聞紙に掲載

1910 マティスの「目くらましの美学」

1911 ピカソとブラックによるキュビズムの誕生

1912 キュビストが発明した技法:コラージュ

1913 ヨーロッパにおける抽象主義の広がり

RECOMMEND

What Can Art Do?

 11月22日(木) 19:00-21:00

講師:岩田祐佳梨(NPO法人チア・アート代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


高齢化社会に向かっている日本では、医療現場の社会的役割がますます大きくなっています。特に病院やデイケアセンターでは、どのような空間づくりや心のケアの可能性があるのでしょうか。つくば...

イメージの爆発

- 1960年代のニューメディア、サイケデリ…

 5月9日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


戦後から1960年代にかけて、アートの表現方法や価値観は大きく揺れ動きました。社会の変化も反映しながら、アートは「爆発」的に新たな可能性に向かっていったのです。特に、新しいメディア...

What Can Art Do?

一緒に見ること、眺めること –…

- 目の見える人と見えない人の鑑賞ワーク…

 10月25日(木) 19:00-21:00

講師:林建太(「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


このセッションでは目の見えるひとと見えない人が一緒に体験するワークショップを行います。
アートの鑑賞や体験は視覚情報だけによるものではありません。様々なコミュニケーシ...