ウィーンにおけるエゴン・シーレやグスタフ・クリムトによる新たな表現芸術とフロイトの影響をはじめ、マティスの彫刻、ゴーギャンのプリミティヴィズムとその影響について取り上げます。また、セザンヌの死後より始まるフォーヴィズム、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」から見えるピカソの模倣表現への批判にも触れます。

1900a フロイトの精神分析学とグスタフ・クリムトの表現芸

1900b マティス、ロダンのスタジオを訪問する

1903 ゴーギャン、プリミティビズム、そして初期モダニズム

1906 ポスト印象派の遺産からフォーヴィズムへ

1907 ピカソ、「アビニヨンの娘たち」を描く

RECOMMEND

 5月15日(火) 19:30-21:00

講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境科学研究科教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥1,500(税別)


6月9日(土) に行われるツアー「多摩ニュータウン探訪〜都市の実験を読み解く〜...

TOUR

 10月27日(土) 時間未定

講師:大隈理恵(AIT プロジェクト・マネージャー) 他

場所:東京都内のアート施設ほか

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


アート鑑賞の一つの要素として、友だちや周りの人と一緒に体験し感想や意見を共有することで、新たな経験や知識を得ることがあります。本ツアーでは、アポイントメント制のプライベート・ミュー...

What Can Art Do?

 5月17日(木) 19:00-21:00

講師:土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


生まれた国の制度や枠組み、出会った家族によってその人の一生が決まるとしたら、私たちはどうやって自ら生まれ持った環境から欲しい未来をつくることができるのでしょうか。ニューヨークを拠点...